落合陽一による初の写真集『質量への憧憬』限定200部刊行、展覧会も

落合陽一による写真集『質量への憧憬』が本日1月18日から販売されている。

展覧会『質量への憧憬 ~前計算機自然のパースペクティブ~』を1月24日から東京・天王洲アイルのamana squareで開催するメディアアーティストの落合陽一。同展ではソルトプリント4作品を含む平面作品21点、立体作品2点などを展示する。ソルトプリントとは19世紀にイギリスのウイリアム・H・F・タルボットによって発明された最初期の写真プリント方法。塩と銀の融合による感光性を利用し、独特の表現を実現する。

写真集『質量への憧憬』にはデジタルから見た非デジタル性への郷愁をテーマにした作品を約200点収録。各ページは落合陽一が選んだ印刷手法と紙を使用。ソルトプリントによって1枚ずつ手作業でプリントした、落合陽一のサイン入りの写真作品も収録される。完全受注生産で、200部限定となる。価格は送料と税抜きで99,800円。予約は『質量への憧憬 ~前計算機自然のパースペクティブ~』のオフィシャルサイトで受付中だ。

なお展覧会『質量への憧憬 ~前計算機自然のパースペクティブ~』を記念したトークイベントがamana squareで開催。1月26日にはYASUNARI KIKUMA、2月2日には佐々木紀彦、2月3日には奥山由之をゲストに迎え、落合陽一とトークセッションを繰り広げる。

リリース情報

『質量への憧憬』

2019年1月18日(金)発売 著者:落合陽一 価格:107,784円(税込)
イベント情報

『メディアアーティスト・落合陽一の世界「質量への憧憬 ~前計算機自然のパースペクティブ~」』

2019年1月24日(木)~2月6日(水) 時間:11:00~21:00(1月24日は16:30まで) 会場:東京都 天王洲アイル amana square 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 落合陽一による初の写真集『質量への憧憬』限定200部刊行、展覧会も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて