『ザ・ファブル』殺し屋・岡田准一のアクションシーン舞台裏映像公開 

映画『ザ・ファブル』の特別映像がYouTubeで公開された。

6月21日から全国公開される同作は、『週刊ヤングマガジン』で連載されている南勝久の同名漫画を実写化する作品。狙った獲物を6秒以内で仕留める天才的な殺し屋「ファブル」が、育ての親であるボスから「1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活すること」をミッションとして与えられ、相棒のヨウコと共に兄妹に成りすまして大阪で暮らしはじめるというあらすじだ。「佐藤アキラ」という偽名で一般人を装うファブル役を岡田准一が演じる。

公開された映像には、岡田准一のインタビューをはじめ、木村文乃演じるヨウコの姿、佐藤浩市演じるボスが発砲する様子、ファブルのアクションシーンのメイキングなどが映し出されている。

岡田は役作りについて「ファブルのプロフェッショナルな部分、ピュアさ、アクションシーンでピュアさを見せるというのがチャレンジというか。コメディーとのバランスというのも探ってました」「原作が大好きな人もたくさんいらっしゃると思うので、納得してもらいながらそれを超えていく。異世界のような、熱が伝わるアクションはできればいいなというのは思ってます」と語っている。

作品情報

『ザ・ファブル』

2019年6月21日(金)から全国公開
監督:江口カン 脚本:渡辺雄介 原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社『週刊ヤングマガジン』連載) 出演: 岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 佐藤二朗 安田顕 佐藤浩市 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ザ・ファブル』殺し屋・岡田准一のアクションシーン舞台裏映像公開 

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて