青年同士の恋を描く英映画『ゴッズ・オウン・カントリー』インタビュー映像

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』の出演者と監督のインタビュー映像が公開された。

2月2日から拡大公開される同作は、老いた祖母と病気の父に代わってヨークシャーにある牧場を1人で管理している青年ジョニーと、羊の出産シーズンに雇われた季節労働者のゲオルゲの恋愛を描いた作品。初めは衝突する2人だが、羊に優しく接するゲオルゲにジョニーは今まで感じたことのない恋愛感情を抱き、突き動かされていくというあらすじだ。

インタビュー映像には監督と脚本を務めたフランシス・リーをはじめ、ジョニー役のジョシュ・オコナー、ゲオルゲ役のアレック・セカレアヌ、ジョニーの父役のイアン・ハート、祖母役のジェマ・ジョーンズが登場。イアン・ハートは監督について「積極的に自分の意図を説明してくれました。おかげで迷いなく演じられた」、ジェマ・ジョーンズは「みんなが監督のために全力を尽くしました」と語っている。

フランシス・リー監督は制作に至った経緯に関して「私はずっとヨークシャー暮らしです。実家は農場を営んでいたので、この目で見て、感じた世界を描写したかったのです。映画の背景には必ず真実がなければなりません」とコメント。ヨークシャーで約6週間にわたって行なわれた撮影については「めまぐるしく変わる状況の中で撮影したことで作品のテーマに奥行きを出せたと思います」と振り返った。

アレック・セカレアヌは作品について「映画でも文学でも、同じ物語が何度も繰り返される。でもこの物語はアプローチが違う。ほかに類を見ない作品です」、ジョシュ・オコナーは「この映画が感動的なのは、恋愛が根底にあるからです」とコメント。リー監督は「主人公の姿に共感する人は多いでしょう。ひと目ぼれの経験者ならね」と述べている。


作品情報

『ゴッズ・オウン・カントリー』

2019年2月2日(土)からシネマート新宿、シネマート心斎橋、センチュリーシネマほか全国で公開
監督・脚本:フランシス・リー エンディングテーマ:パトリック・ウルフ“The Days” 出演: ジョシュ・オコナー アレック・セカレアヌ イアン・ハート ジェマ・ジョーンズ 上映時間:104分 配給:ファインフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 青年同士の恋を描く英映画『ゴッズ・オウン・カントリー』インタビュー映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて