『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』、12月20日に日米同時公開

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』の日本公開日が12月20日になることがわかった。

日米同時公開となる『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』。シリーズ1作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから42年を経て、「エピソード9」がシリーズ最終章となる。監督はJ・J・エイブラムス。

なお『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』の日本公開日は、2月3日に行なわれた『第70回さっぽろ雪まつり』のオープニングセレモニーで明らかになったもの。北海道・札幌のUHBファミリーランド会場では約3000トンの雪を使用した高さ15メートル、幅24メートル、奥行き18メートルにおよぶ大型雪像『白いスター・ウォーズ2019』がお披露目された。

イベントにはカイロ・レンやストームトルーパーがサプライズで登場したほか、札幌市長の秋元克広は「“スター・ウォーズの雪像”は過去に2度ありましたが、今回初めてXウイングに乗れる体感型の雪像となっております。多くの皆様にご来場いただき、多くの方に感動していただきたいです」と挨拶した。

作品情報

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』

2019年12月20日(金)から全国公開 監督・脚本:J・J・エイブラムス 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』、12月20日に日米同時公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて