同性愛の「転向療法」強いられる青年描く『ある少年の告白』予告編公開

映画『ある少年の告白』の公開日が4月19日に決定。あわせてビジュアルと予告編が公開された。

ガラルド・コンリーの回顧録をもとにした同作は、アメリカの田舎町に牧師の父と母の1人息子として育った大学生のジャレッドを主人公にした作品。自分は男性のことが好きだと気づいたジャレッドに対し、両親は同性愛を「治す」転向療法への参加を勧めるが、ジェレッドは自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすというあらすじだ。原題は『BOY ERASED』。

ビジュアルには「僕は、僕でしかいられない――。」というコピーと共に、ルーカス・ヘッジズ演じる主人公ジャレッドと、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ演じる両親がそれぞれ別の方向むいた姿で写し出されている。

予告編では、ジャレッドが「男に惹かれてしまう。理由はわからない。ごめんなさい」と両親に告白する場面や、矯正セラピーの実態を目の当たりにする様子、感情を爆発させるシーン、涙を流しながら母親に電話をかける姿などが確認できる。また映像にはキャストでもあるトロイ・シヴァンと、ヨンシー(Sigur Ros)のコラボ曲“Revelation”が使用されている。


作品情報

『ある少年の告白』

2019年4月19日(金)からTOHO シネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:ジョエル・エドガートン 原作:ガラルド・コンリー 音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ 出演: ルーカス・ヘッジズ ニコール・キッドマン ラッセル・クロウ ジョエル・エドガートン グザヴィエ・ドラン トロイ・シヴァン 上映時間:115分 配給:ビターズ・エンド/パルコ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 同性愛の「転向療法」強いられる青年描く『ある少年の告白』予告編公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて