ニュース

『MONKEY』哲学特集に岸田秀、谷川俊太郎ら 村上春樹の近代日本文学解説も

文芸誌『MONKEY Vol.17「特集 哲学へ」』が2月15日に刊行される。

翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。「哲学へ」を特集にした今回は、岸田秀によるジークムント・フロイトの論文の訳し下ろし、書き下ろし解説、岸田へのインタビューをはじめ、谷川俊太郎による書き下ろしの詩「それ考」、工藤直子が自著『てつがくのライオン』の続編を書き下ろした「で、どうだった?てつがくライオンその後の日々」、内田樹と柴田の対談を収録する。

またアメリカの作家ブライアン・エヴンソンの長篇評論「レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』」の柴田による訳し下ろしや、村上春樹が昨年に出版されたジェイ・ルービン編『The Penguin Book of Japanese Short Stories』に寄せた序文「切腹からメルトダウンまで」を日本語原文で本邦初掲載。さらに同号からイッセー尾形、古川日出男による新連載が同時スタートする。

スイッチ・パブリッシングのオンラインストアで購入するとオリジナル「R・O・ブレックマンシール」をプレゼント。

『MONKEY Vol.17「特集 哲学へ」』表紙
『MONKEY Vol.17「特集 哲学へ」』表紙
『MONKEY Vol.17「特集 哲学へ」』より
『MONKEY Vol.17「特集 哲学へ」』より
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い