デイヴィッド・ホックニー×福田平八郎展 山下裕二と鈴木芳雄の対談も

展覧会『二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎』が、2月16日から東京・銀座 蔦屋書店のTHE CLUBで開催される。

1937年にイギリス・ブラッドフォードに生まれた画家のデイヴィッド・ホックニーと、1892年に大分で生まれ、1974年に逝去した日本画家の福田平八郎。ホックニーは1971年に初めて来日した際に福田の作品に出会い、その色使いや構図に圧倒されて、ロンドンのテートギャラリーで福田の個展を開きたいと話したという。

同展では、iPadを用いて描かれたホックニーの『The Yosemite Suite』シリーズを、『花菖蒲』をはじめとした福田の代表作6点と共に展示。2月16日には山下裕二と鈴木芳雄によるトークイベントが行なわれる。参加方法などの詳細は銀座 蔦屋書店のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎』

2019年2月16日(土)~3月30日(土) 会場:東京都 銀座 蔦屋書店 THE CLUB 時間:11:00~19:00 休廊日:2月25日、2月26日
  • HOME
  • Art,Design
  • デイヴィッド・ホックニー×福田平八郎展 山下裕二と鈴木芳雄の対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて