KERA演出『キネマと恋人』ビジュアル&詳細 妻夫木聡、緒川たまきら共演

ケラリーノ・サンドロヴィッチ台本、演出の舞台『キネマと恋人』のメインビジュアルと公演詳細が発表された。

『キネマと恋人』は、2016年に東京・三軒茶屋のシアタートラムで初演された作品で、ウディ・アレン監督による1985年の映画『カイロの紫のバラ』にインスパイアされたもの。『カイロの紫のバラ』は、1930年代のアメリカを舞台に愛のない夫婦生活を送る女性とスクリーンから飛び出してきた映画の主人公が織り成す恋愛模様を描いた物語。KERA版の舞台では1936年の日本にある架空の港町「梟島」に設定を置き換え物語を展開する。

メインビジュアルには映画俳優と映画の登場人物の2役を演じる妻夫木聡をはじめ、緒川たまき、ともさかりえの姿が捉えられている。

『キネマと恋人』は6月8日から東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演。その後、6月28日から福岡・北九州芸術劇場、7月3日から兵庫・兵庫県立芸術文化センター、7月12日から愛知・名古屋市芸術創造センター、7月20日から岩手・盛岡劇場、7月26日から新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場で上演される。東京公演のチケットは4月13日から一般販売開始。

イベント情報

世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009
『キネマと恋人』

台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演: 妻夫木聡 緒川たまき ともさかりえ 三上市朗 佐藤誓 橋本淳 尾方宣久 廣川三憲 村岡希美 崎山莉奈 王下貴司 仁科幸 北川結 片山敦郎 東京公演 2019年6月8日(土)~6月23日(日)全16公演 会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター 料金:一般S席7,800円 A席4,800円 ※24歳以下の学生、高校生以下は半額 福岡公演 2019年6月28日(金)~6月30日(日) 会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場 兵庫公演 2019年7月3日(水)~7月7日(日) 会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 愛知公演 2019年7月12日(金)~7月15日(月・祝) 会場:愛知県 名古屋市芸術創造センター 岩手公演 2019年7月20日(土)、7月21日(日) 会場:岩手県 盛岡劇場 メインホール 新潟公演 2019年7月26日(金)~7月28日(日) 会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
  • HOME
  • Stage
  • KERA演出『キネマと恋人』ビジュアル&詳細 妻夫木聡、緒川たまきら共演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて