宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます――ヨーロッパ・中東・アフリカ編』が2月22日に刊行される。

同書は、宮崎あおいがレストランの厨房を訪れ、シェフと共に料理をしながら世界の料理を学ぶ『SWITCH』の連載企画「宮崎あおい 世界をいただきます」の書籍化第1弾。フランスの「ブイヤベース」、イタリアの「ティラミス」、ロシアの「ボルシチ」、エジプトの「ムサアー」、レバノンの「タッブーレ」などヨーロッパ、中東、アフリカ地域の20か国の料理25皿を、レシピや料理のポイント、料理風景の写真、シェフとの対話と共に紹介する。

単行本オリジナル企画として、宮崎が自宅で使用しているお気に入りの食器を紹介する「愛用の器」を収録。第2弾『世界をいただきます――アジア・北中南米編』の刊行は今夏を予定している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて