『文化庁メディア芸術祭』受賞作発表、エンタメ部門大賞は『チコちゃん』

『第22回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品が発表された。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。今回は過去最多となる102の国と地域から4384点の作品が寄せられた。

アート部門の大賞は古舘健によるサウンドインスタレーション『Pulses/Grains/Phase/Moiré』、優秀賞は真鍋大度(Rhizomatiks)、石橋素、MIKIKO、ELEVENPLAYによるダンスインスタレーション『discrete figures』など、新人賞は(euglena)によるメディアインスタレーション『watage』などが受賞。

エンターテインメント部門の大賞にはテレビ番組『チコちゃんに叱られる』、優秀賞にはMIKIKOが代表を務めるPerfume+Reframe制作チーム、真鍋大度、石橋素によるパフォーマンス『Perfume×Technology presents“Reframe”』、「TikTok」Japanチームによるアプリケーション『TikTok』など、新人賞には山田健人が監督を務めた水曜日のカンパネラ“かぐや姫”PVなどがライナップしている。

アニメーション部門の大賞にはボリス・ラベによる短編アニメ『La Chute』、優秀賞にはセバスチャン・ローデンバック監督による劇場アニメ『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』、石田祐康監督の劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』、高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』、新人賞には山下明彦による短編アニメ『透明人間』などが選出。

マンガ部門の大賞にはBoichiの『ORIGIN』、優秀賞には宮川サトシの原作、伊藤亰の作画による『宇宙戦艦ティラミス』、コナリミサトの『凪のお暇』、紗久楽さわの『百と卍』、齋藤なずなの『夕暮れへ』、新人賞には黄島点心の『黄色い円盤』などが選ばれた。功労賞は池田宏、呉智英、小池一子、三田村畯右。

賞状、トロフィーに加えて、大賞には副賞100万円、新人賞には副賞30万円、優秀賞には副賞50万円が贈られるほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定。贈呈式は5月31日に行なわれる。

受賞作品の展示や上映、関連イベントを実施する『第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、6月1日から東京・お台場の日本科学未来館ほかで開催。

詳細情報

『第22回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品

アート部門 大賞 古舘健『Pulses/Grains/Phase/Moiré』 優秀賞 岩崎秀雄『Culturing<Paper>cut』 平川紀道『datum』 真鍋大度、石橋素、MIKIKO、ELEVENPLAY『discrete figures』 新人賞 Jonathan Fletcher MOORE『SPARE (not mine)』 Andrey CHUGUNOV『Total Tolstoy』 (euglena)『watage』 エンターテインメント部門 大賞 『チコちゃんに叱られる!』制作チーム『チコちゃんに叱られる!』 優秀賞 『歌舞伎町 探偵セブン』制作チーム(代表:加藤隆生、西澤匠、平井真貴、堀田延、岩元辰郎)『歌舞伎町 探偵セブン』 LINNÉ LENS制作チーム(代表:杉本謙一)『LINNÉ LENS』 Perfume+Reframe制作チーム(代表:MIKIKO)、真鍋大度、石橋素『Perfume×Technology presents“Reframe”』 「TikTok」Japanチーム『TikTok』 新人賞 水曜日のカンパネラ『かぐや姫』制作チーム(監督:山田健人)水曜日のカンパネラ”かぐや姫”PV 大森歩『春』 Ana RIBEIRO、Carlo CAPUTO、Julia LEMOS、Leonardo BATELLI、William RODRIGUEZ『Pixel Ripped 1989』 アニメーション部門 大賞 ボリス・ラベ『La Chute』 優秀賞 セバスチャン・ローデンバック『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』 樋口真嗣『ひそねとまそたん』 石田祐康『ペンギン・ハイウェイ』 高坂希太郎『若おかみは小学生!』 新人賞 山下明彦『透明人間』 Amir Houshang MOEIN『Am I a Wolf?』 Anastasia MAKHLINA『The Little Ship』 マンガ部門 大賞 Boichi『ORIGIN』 優秀賞 原作:宮川サトシ、作画:伊藤亰『宇宙戦艦ティラミス』 コナリミサト『凪のお暇』 紗久楽さわ『百と卍』 齋藤なずな『夕暮れへ』 新人賞 黄島点心『黄色い円盤』 マドモワゼル・カロリーヌ、原作:ジュリー・ダシェ、訳:原正人『見えない違い 私はアスペルガー』 鶴谷香央理『メタモルフォーゼの縁側』 功労賞 池田宏 呉智英 小池一子 三田村畯右
イベント情報

『第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2019年6月1日(土)~6月16日(日)予定 会場:東京都 お台場 日本科学未来館ほか
  • HOME
  • Art,Design
  • 『文化庁メディア芸術祭』受賞作発表、エンタメ部門大賞は『チコちゃん』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて