ニュース

『文化庁メディア芸術祭』受賞作発表、エンタメ部門大賞は『チコちゃん』

『第22回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第22回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第22回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品が発表された。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。今回は過去最多となる102の国と地域から4384点の作品が寄せられた。

アート部門の大賞は古舘健によるサウンドインスタレーション『Pulses/Grains/Phase/Moiré』、優秀賞は真鍋大度(Rhizomatiks)、石橋素、MIKIKO、ELEVENPLAYによるダンスインスタレーション『discrete figures』など、新人賞は(euglena)によるメディアインスタレーション『watage』などが受賞。

エンターテインメント部門の大賞にはテレビ番組『チコちゃんに叱られる』、優秀賞にはMIKIKOが代表を務めるPerfume+Reframe制作チーム、真鍋大度、石橋素によるパフォーマンス『Perfume×Technology presents“Reframe”』、「TikTok」Japanチームによるアプリケーション『TikTok』など、新人賞には山田健人が監督を務めた水曜日のカンパネラ“かぐや姫”PVなどがライナップしている。

アニメーション部門の大賞にはボリス・ラベによる短編アニメ『La Chute』、優秀賞にはセバスチャン・ローデンバック監督による劇場アニメ『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』、石田祐康監督の劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』、高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』、新人賞には山下明彦による短編アニメ『透明人間』などが選出。

マンガ部門の大賞にはBoichiの『ORIGIN』、優秀賞には宮川サトシの原作、伊藤亰の作画による『宇宙戦艦ティラミス』、コナリミサトの『凪のお暇』、紗久楽さわの『百と卍』、齋藤なずなの『夕暮れへ』、新人賞には黄島点心の『黄色い円盤』などが選ばれた。功労賞は池田宏、呉智英、小池一子、三田村畯右。

賞状、トロフィーに加えて、大賞には副賞100万円、新人賞には副賞30万円、優秀賞には副賞50万円が贈られるほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定。贈呈式は5月31日に行なわれる。

受賞作品の展示や上映、関連イベントを実施する『第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、6月1日から東京・お台場の日本科学未来館ほかで開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い