ニュース

『文化庁メディア芸術祭』受賞作発表、エンタメ部門大賞は『チコちゃん』

『第22回文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第22回文化庁メディア芸術祭』ロゴ

『第22回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品が発表された。

「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で国内外の優れた作品を顕彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』。今回は過去最多となる102の国と地域から4384点の作品が寄せられた。

アート部門の大賞は古舘健によるサウンドインスタレーション『Pulses/Grains/Phase/Moiré』、優秀賞は真鍋大度(Rhizomatiks)、石橋素、MIKIKO、ELEVENPLAYによるダンスインスタレーション『discrete figures』など、新人賞は(euglena)によるメディアインスタレーション『watage』などが受賞。

エンターテインメント部門の大賞にはテレビ番組『チコちゃんに叱られる』、優秀賞にはMIKIKOが代表を務めるPerfume+Reframe制作チーム、真鍋大度、石橋素によるパフォーマンス『Perfume×Technology presents“Reframe”』、「TikTok」Japanチームによるアプリケーション『TikTok』など、新人賞には山田健人が監督を務めた水曜日のカンパネラ“かぐや姫”PVなどがライナップしている。

アニメーション部門の大賞にはボリス・ラベによる短編アニメ『La Chute』、優秀賞にはセバスチャン・ローデンバック監督による劇場アニメ『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』、石田祐康監督の劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』、高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』、新人賞には山下明彦による短編アニメ『透明人間』などが選出。

マンガ部門の大賞にはBoichiの『ORIGIN』、優秀賞には宮川サトシの原作、伊藤亰の作画による『宇宙戦艦ティラミス』、コナリミサトの『凪のお暇』、紗久楽さわの『百と卍』、齋藤なずなの『夕暮れへ』、新人賞には黄島点心の『黄色い円盤』などが選ばれた。功労賞は池田宏、呉智英、小池一子、三田村畯右。

賞状、トロフィーに加えて、大賞には副賞100万円、新人賞には副賞30万円、優秀賞には副賞50万円が贈られるほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定。贈呈式は5月31日に行なわれる。

受賞作品の展示や上映、関連イベントを実施する『第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、6月1日から東京・お台場の日本科学未来館ほかで開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される