ニュース

山崎賢人主演『キングダム』日本未公開シーン満載の特別映像公開

左から山崎賢人、レイン・クライン(ソニー・ピクチャーズ インターナショナルプロダクションズ) ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
左から山崎賢人、レイン・クライン(ソニー・ピクチャーズ インターナショナルプロダクションズ) ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会

映画『キングダム』のインターナショナル版スペシャルプロモーション映像が公開された。

アメリカ・テキサス州オースティンで開催されている『SXSW』で披露された同映像。日本未公開の映像が多く盛り込まれており、山崎賢人演じる主人公の信が泣き叫ぶ姿、信や長澤まさみ演じる楊端和のアクションシーン、信と吉沢亮演じる嬴政が橋本環奈演じる河了貂と出会う場面、大沢たかお演じる大将軍・王騎、本郷奏多演じる成蟜の姿などが映し出されている。

『SXSW』のソニーが運営するブースで行なわれたトークショーには、ハリウッドの映画プロデューサーあるグレン・ゲイナー、ゲームクリエイターの水口哲也、映画『キングダム』のプロデューサーである松橋真三が登壇。松橋は『キングダム』におけるテクノロジーに役割について「10年前の技術ではできなかった作品。ですが、この作品で大事なことは、テクノロジーのすごさを前面に押し出すことではなく、逆にわからせないこと。『キングダム』の世界観に浸っていただくことです」とコメントした。

またゲイナーは同作について「「とても素晴らしい映画だった。カリスマ性のあるキャスト、アクションシーン、音響など、どれをとっても素晴らしく、劇中のシーンひとつひとつに没頭した。まるで私もその場所にいるように楽しめた。一人で観たのが残念だったので、家族や友達とみんなで一緒に観たいと思う」と話した。

さらに同作の北米公開に向けて主演の山崎賢人がソニー・ピクチャーズ本社を表敬訪問。山崎を迎えたソニー・ピクチャーズ インターナショナルプロダクションズ代表のレイン・クラインは、山崎に『キングダム』の感想を尋ねられると、「期待をはるかに超えた素晴らしい作品でした。想像していた以上の面白さでアジア版の『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ているようだった。アクションシーンが特に魅力的で、山崎さんは肉体改造をして撮影に臨んだと聞き、感銘を受けました。ストーリーも原先生のマンガが原作ということもあり、冒頭の幼少期からクライマックスのバトルまでとても楽しめました」と答えた。

4月19日から日本公開される『キングダム』は、原泰久の同名漫画を実写映画化する作品。原泰久の同名漫画を実写映画化する同作。中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政の姿を描く。監督は佐藤信介。

『SXSW』の様子 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『SXSW』の様子 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』 ©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察