ニュース

『CDショップ大賞』発表 大賞は星野源『POP VIRUS』&折坂悠太『平成』

全国のCDショップ店員による投票で選ばれる『第11回CDショップ大賞』の受賞作品が発表された。

『CDショップ大賞』は、CDショップの現場から音楽を盛り上げていきたいという思いから設立。メジャーやインディーズを問わず、過去1年間に発表されたオリジナルアルバムがノミネートされる。

今年は大賞として「赤」「青」2つの大賞作を選出。「赤」は「何回でも聴きたい素晴らしい作品=#神アルバム(と呼べるようなスタンダードとなりうる作品)」を選び、「青」は「新人の中で素晴らしいアルバム。店頭から全国に向けて発信出来る様な賞をきっかけにブレイクが期待される“本当にお客様にお勧めしたい”作品」を選ぶ。

大賞「赤」には、星野源のアルバム『POP VIRUS』。大賞「青」には折坂悠太 『平成』が選出された。星野源は2017年に『YELLOW DANCER』でも同賞を受賞している。

入賞作品は、宇多田ヒカル『初恋』、エレファントカシマシ『Wake Up』、Official髭男dism『エスカパレード』、カネコアヤノ『祝祭』、KID FRESINO『ai qing』、ずっと真夜中でいいのに。『正しい偽りからの起床』、cero『POLY LIFE MULTI SOUL』、WANIMA『Everybody!!』。

洋楽賞はトム・ミッシュ『Geography』、マエストロ賞はサザンオールスターズ『海のOh,Yeah!!』、クラシック賞はアリス=紗良・オット『ナイトフォール』、ジャズ賞はAi Kuwabara the Project『To The End Of This World』と纐纈あゆみ『O PATO』、歌謡曲・演歌賞は純烈『プロポーズ』、ライヴ作品賞はサカナクション『SAKANAQUARIUM2017 11th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』、リビジテッド賞はジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』、特別賞は安室奈美恵、QUEEN。同賞のオフィシャルサイトでは、日本の各地方の店舗が選んだ地方賞も発表されている。

星野源
星野源
星野源『POP VIRUS』
星野源『POP VIRUS』
折坂悠太 『平成』
折坂悠太 『平成』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開