ニュース

ヒーロー綾瀬はるかが菅田将暉&池田エライザを救出 コカ・コーラ新CM

コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より

綾瀬はるか、菅田将暉、池田エライザが出演するコカ・コーラの新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇が、3月25日から全国で放映される。

コカ・コーラシステムが同じく3月25日から開始する新キャンペーンに伴い、制作された同CM。キャンペーンでは「スクリーンの時間はコークでしょ。」をテーマに据え、家族や友人と共に映画、ドラマ、オンライン動画などを楽しむ「スクリーンタイム」をコカ・コーラと一緒に楽しむことを推奨する。

CMでには綾瀬はるか、菅田将暉、池田エライザがコカ・コーラを片手にテレビを観賞する姿をはじめ、テレビ画面の中でアメリカンコミック風の映画の女性ヒーローに扮した綾瀬がビルの屋上から飛び上がる様子、拘束された菅田と池田が「ヘルプ・ミー!」と叫ぶシーン、ヒロインに扮した綾瀬が3人の家のドアを開けて「エンジョイ?」と親指を立てる場面などが映し出されている。

撮影は2日間にわたって実施。劇中劇の女性ヒーロー役を演じた綾瀬は、黒地に赤いラインが入ったボディスーツと赤髪のウィッグ、黒いマスクを装着し、コカ・コーラのテレビCMでは初となるワイヤーアクションに挑戦した。ビルの屋上からジャンプする演技は数回の練習で動きをマスターし、約1.5メートルの高さまでジャンプして約5メートル突き進んでいくアクションを成功。アクション監督も「素晴らしい!」と評したという。

菅田はスケジュールの都合上、綾瀬、池田とは別の日に撮影。2人の映像と合成した時に自然なやり取りに見えるよう演技をしなければならない菅田は、目の前にいない2人の視線や動きを感じながら演じたが、「メチャメチャ難しい」とこぼす一幕もあったのこと。その後は監督の指示に的確に対応し、予定より2時間以上早く全シーンを撮り終えたという。

撮影後は出演者のインタビューを実施。「日頃からテレビや映画をよく見る」という綾瀬は、「最近のスクリーンタイムで、ドキドキワクワクした作品は?」という質問に「最近のお気に入り映画は2つあります。ひとつは『恋人たちの予感』です。主演のメグ・ライアンが本当にかわいらしいです。そしてもうひとつがヒッチコック監督の『サイコ』です。見ていて怖くなりますが、名作といわれる理由が分かります」と答えている。

撮影を振り返った菅田は「先に撮影した綾瀬さんと池田さんの動きに合わせて、1人でお芝居するという、落語みたいなスタイルが面白かったです。『コカ・コーラ』は普段からよく飲みます。特に、今回のシチュエーションのように映像を見ながら飲むことは日常なので、家にいるような感覚で『コカ・コーラ』を飲むことできました」、池田は「コンテが届いた時から、すごくワクワクしていました。撮影中は、テレビにのめり込む感じで撮っていたので、気付いたら、手に持っていた『コカ・コーラ』がいつも以上に進んで、グビグビ飲んじゃっていました(笑)。撮影中、綾瀬さんが話しかけてくださることが多くて、『髪伸びた?』みたいな、本当にお家に遊びに来た時、女性同士がお話しするようなことを話していました」と述懐した。

コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
コカ・コーラ新テレビCM「コカ・コーラ テレビの時間はコーク」篇より
画像を拡大する(19枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催