TAKAHIROが涙『僕に、会いたかった』ポスター&予告編、板垣瑞生らの姿も

映画『僕に、会いたかった』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

5月10日から公開される同作は、島で一二を争う凄腕の漁師だったが事故をきっかけに記憶を失った主人公・池田徹が、島の人々の優しさに触れるうちに新しい自分を見つけ出す、というあらすじ。島根・隠岐島を舞台に家族の絆と再生を描く。12年前の事故で記憶を失くした元漁師・徹役にTAKAHIRO(EXILE)がキャスティング。

予告編では、荒波に揉まれる漁船で雨に打たれながら徹が叫び声を上げるシーンや、徹が涙を流す場面、雲の切れ目から光が降り注ぐ海を船が進む様子に加えて、松坂慶子演じる徹の母、小市慢太郎演じる医師、山口まゆと板垣瑞生(M!LK)演じる島を訪れる学生の姿などが確認できる。

ポスタービジュアルには「失った記憶、それでも大切な今がある。」というキャッチコピーと共に、徹を中心に彼を支える家族や島の人々の姿、隠岐島の風景が写し出されている。

作品情報

『僕に、会いたかった』

2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:錦織良成 脚本:錦織良成、秋山真太郎 音楽:瀬川英史 出演: TAKAHIRO 山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨 宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水宏 山下容莉枝 秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 松坂慶子 配給:LDH PICTURES
  • HOME
  • Movie,Drama
  • TAKAHIROが涙『僕に、会いたかった』ポスター&予告編、板垣瑞生らの姿も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて