中年男性シンクロチームが世界へ、実話を映画化『シンク・オア・スイム』

映画『Le grand bain』の邦題が『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』に決定。7月12日から公開される。

「フランスのアカデミー賞」と言われる『セザール賞』10部門にノミネートされた同作は、スウェーデンで実際に起きた出来事をもとに制作された映画。うつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送るベルトランが、「ミッドライフクライシス」に悩む中年男性で構成されたアーティスティックスイミングチームに加入し、様々なトラブルに見舞われながらも世界選手権の金メダルを目指す、というあらすじだ。英題は『SINK OR SWIM』。

主人公のベルトラン役に『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』で監督、脚本、出演の3役を務めたマチュー・アマルリックがキャスティング。不満を抱えるロラン役をギョーム・カネ、現実に向き合えないマルキュス役をブノワ・ポールヴールド、夢に破れたシモン役をジャン=ユーグ・アングラード、孤独でピュアなティエリー役をフィリップ・カトリーヌ、コーチのデルフィーヌ役をヴィルジニー・エフィラが演じる。俳優としても活動するジル・ルルーシュがメガホンを取り、脚本、脚色にも携わった。

発表とあわせてポスタービジュアルが公開。水着姿の出演者たちの姿や、「人生を舞え。ぶざまにかっこよく」というコピーなどが写し出されている。

作品情報

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

2019年7月12日(金)から公開
監督:ジル・ルルーシュ 脚本・脚色:ジル・ルルーシュ、アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ 出演: マチュー・アマルリック ギョーム・カネ ブノワ・ポールヴールド ジャン=ユーグ・アングラード 配給:キノフィルムズ、木下グループ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 中年男性シンクロチームが世界へ、実話を映画化『シンク・オア・スイム』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて