新海誠の新作映画『天気の子』場面カット初公開 空を見上げる少年少女

新海誠監督の新作映画『天気の子』の場面カットが公開された。

新海監督にとって『君の名は。』以来、約3年ぶりの新作となる同作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。離島から家出して東京のオカルト雑誌の編集プロダクションに住み込みで働く高校生の森嶋帆高が、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力を持つ少女・天野陽菜と出会う、というあらすじだ。公開は7月19日。

帆高役の声を醍醐虎汰朗、小学生の弟と2人だけで暮らす陽菜の声を森七菜が演じる。2人は約2000人が参加したオーディションで選出された。また企画・プロデュースは『君の名は。』でもタッグを組んだ川村元気、キャラクターデザインは『君の名は。』に引き続き、田中将賀が担当。作画監督は『猫の恩返し』などスタジオジブリの作品に多く携わってきた田村篤、美術監督は『言の葉の庭』の滝口比呂志が務める。

公開された場面カットは、帆高と陽菜が見上げる空の雨雲の切れ間から日差しが差し込むシーンや、激しい雨の中で空を見上げる帆高、青空に浮かぶような陽菜の姿などが確認できる。

作品情報

『天気の子』

2019年7月19日(金)から全国公開
原作・脚本・監督:新海誠 声の出演: 醍醐虎汰朗 森七菜 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 新海誠の新作映画『天気の子』場面カット初公開 空を見上げる少年少女

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて