ニュース

中島かずき×TRIGGERの劇場アニメ『プロメア』本予告編、主題歌はSuperfly

『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

アニメーション映画『プロメア』の本予告編が公開。あわせてSuperflyが主題歌を手掛けていることが発表された。

5月24日から公開される同作は、今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組んだ初の劇場長編作品。突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」が引き起こした世界大炎上の30年後を舞台に、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員・ガロと、バーニッシュの攻撃的な面々「マッドバーニッシュ」のリーダー・リオの戦いを描く。ガロ役を松山ケンイチ、リオ役を早乙女太一、ガロの上司クレイ役を堺雅人が演じる。

Superflyは映画のためにダブル主題歌“覚醒”“氷に閉じこめて”の2曲を書き下ろし。楽曲についてSuperflyは「映画の中でも戦闘シーンで流れるということで、映像をプッシュできるような曲を提供したいと思い制作しました。ただただ戦闘を煽るだけではなく、映画自体が人間味あふれる作品だと感じたので、人を傷つけるためではない、誰かを守るような戦いをイメージしています」とコメントを寄せている。

公開された予告編には“覚醒”を使用。バーニングレスキューが出動する場面をはじめ、ガロがパワードスーツ「マトイテッカー」を装着する姿、リオが「燃やさなければ生きていけない、それがバーニッシュだ!」と口にする様子、リオが放つ炎の龍が街で暴れるシーン、ガロの「俺の燃える火消し魂の方が熱いんだよ!」という言葉などが確認できる。

Superflyのコメント

映画の中でも戦闘シーンで流れるということで、映像をプッシュできるような曲を提供したいと思い制作しました。
ただただ戦闘を煽るだけではなく、映画自体が人間味あふれる作品だと感じたので、人を傷つけるためではない、誰かを守るような戦いをイメージしています。曲のテーマは「瞑想」で、サビでは意味のない言葉を呪文のように唱えています。瞑想においては、意味のない言葉を何度も繰り返し唱えることで、自分の心の奥の方にたどり着けるのだということを知り、それをアイディアとして取り込んでみました。
かっこよさはもちろんのこと、メロディをコラージュしたような面白さもある、これまでのSuperflyの作品にはない、新しいものになったのではないかと思います。
皆さんにもぜひ、サビのマントラのような呪文を一緒に唱えてもらえたら嬉しいです。

『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
Superfly
Superfly
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
画像を拡大する(13枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性