中島かずき×TRIGGERの劇場アニメ『プロメア』本予告編、主題歌はSuperfly

アニメーション映画『プロメア』の本予告編が公開。あわせてSuperflyが主題歌を手掛けていることが発表された。

5月24日から公開される同作は、今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組んだ初の劇場長編作品。突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」が引き起こした世界大炎上の30年後を舞台に、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員・ガロと、バーニッシュの攻撃的な面々「マッドバーニッシュ」のリーダー・リオの戦いを描く。ガロ役を松山ケンイチ、リオ役を早乙女太一、ガロの上司クレイ役を堺雅人が演じる。

Superflyは映画のためにダブル主題歌“覚醒”“氷に閉じこめて”の2曲を書き下ろし。楽曲についてSuperflyは「映画の中でも戦闘シーンで流れるということで、映像をプッシュできるような曲を提供したいと思い制作しました。ただただ戦闘を煽るだけではなく、映画自体が人間味あふれる作品だと感じたので、人を傷つけるためではない、誰かを守るような戦いをイメージしています」とコメントを寄せている。

公開された予告編には“覚醒”を使用。バーニングレスキューが出動する場面をはじめ、ガロがパワードスーツ「マトイテッカー」を装着する姿、リオが「燃やさなければ生きていけない、それがバーニッシュだ!」と口にする様子、リオが放つ炎の龍が街で暴れるシーン、ガロの「俺の燃える火消し魂の方が熱いんだよ!」という言葉などが確認できる。

Superflyのコメント

映画の中でも戦闘シーンで流れるということで、映像をプッシュできるような曲を提供したいと思い制作しました。
ただただ戦闘を煽るだけではなく、映画自体が人間味あふれる作品だと感じたので、人を傷つけるためではない、誰かを守るような戦いをイメージしています。曲のテーマは「瞑想」で、サビでは意味のない言葉を呪文のように唱えています。瞑想においては、意味のない言葉を何度も繰り返し唱えることで、自分の心の奥の方にたどり着けるのだということを知り、それをアイディアとして取り込んでみました。
かっこよさはもちろんのこと、メロディをコラージュしたような面白さもある、これまでのSuperflyの作品にはない、新しいものになったのではないかと思います。
皆さんにもぜひ、サビのマントラのような呪文を一緒に唱えてもらえたら嬉しいです。

作品情報

『プロメア』

2019年5月24日(金)から全国公開
監督:今石洋之 脚本:中島かずき 原作:TRIGGER、中島かずき 主題歌:Superfly“覚醒”“氷に閉じこめて” 音楽:澤野弘之 アニメーション制作:TRIGGER 声の出演: 松山ケンイチ 早乙女太一 堺雅人 佐倉綾音 吉野裕行 稲田徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠大典 檜山修之 小西克幸 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 中島かずき×TRIGGERの劇場アニメ『プロメア』本予告編、主題歌はSuperfly

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて