ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』7月公開

映画『THE OLD MAN & THE GUN』が『さらば愛しきアウトロー』の邦題で、7月12日から公開される。

ロバート・レッドフォードの俳優引退作となる同作。1920年から2004年の間に16回の脱獄と90回以上の銀行強盗を繰り返した実在の犯罪者フォレスト・タッカーをモチーフにした作品で、1980年代初頭のアメリカを舞台に、紳士的な犯行スタイルで銀行強盗を行なうフォレスト・タッカーと、彼の仕事ぶりに魅了され、逮捕に向けて動く刑事のジョン・ハントらの姿を描く。

銃は使うが誰も撃たないという掟を貫き、誰一人傷つけずに目的を遂行する74歳のタッカー役をロバート・レッドフォード、刑事のジョン・ハント役をケイシー・アフレックが演じるほか、シシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、トム・ウェイツらが共演者に名を連ねる。メガホンを取ったのは、『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。

作品情報

『さらば愛しきアウトロー』

2019年7月12日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:デヴィッド・ロウリー 原作:デイヴィッド・グラン『THE OLD MAN AND THE GUN』 出演: ロバート・レッドフォード ケイシー・アフレック シシー・スペイセク ダニー・グローヴァー トム・ウェイツ チカ・サンプター 上映作品:93分 配給:ロングライド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』7月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて