ゴダール監督の3D映画『さらば、愛の言葉よ』アンコール3D上映が銀座で開催

ジャン=リュック・ゴダール監督の映画『さらば、愛の言葉よ』の3Dアンコール上映が、4月13日から東京・シネスイッチ銀座で開催される。

これはゴダール監督の新作映画『イメージの本』が4月20日から日本公開されることを記念したもの。『さらば、愛の言葉よ』は2014年に日本公開されたゴダール監督による初の3D映画で、『第67回カンヌ国際映画祭』審査員特別賞を受賞した。

シネスイッチ銀座では来場者を対象にしたプレゼントも実施する予定。『さらば、愛の言葉よ』『イメージの本』に出演しているゴダールの愛犬・ロキシーの写真を使用したポストカードなどが用意されている。詳細は『イメージの本』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『さらば、愛の言葉よ』3Dアンコール上映

2019年4月13日(土)からシネスイッチ銀座で上映 料金:1,500円 3Dメガネ100円
作品情報

『イメージの本』

2019年4月20日(土)からシネスイッチ銀座ほか全国で公開
監督・編集・ナレーション:ジャン=リュック・ゴダール 上映時間:84分 配給:コムストック・グループ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ゴダール監督の3D映画『さらば、愛の言葉よ』アンコール3D上映が銀座で開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて