『ルパン三世』生みの親モンキー・パンチ逝去、81歳 金ローで追悼放送も

漫画家のモンキー・パンチが逝去したことが発表された。81歳だった。

オフィシャルサイトによると、モンキー・パンチは4月11日に肺炎のため逝去。葬儀は故人の遺志により近親者のみで執り行なわれた。後日偲ぶ会を予定している。

1937年に北海道・厚岸郡浜中町で生まれたモンキー・パンチ。本名は加藤一彦。1967年に『ルパン三世』の連載をスタートし、1980年代以降『サンディエゴ・コミックコンベンション』INKPOT賞、『ローマ・コミックフェスティバル』ROMICS金賞、『AMD Award』功労賞など数々の賞を受賞した。2003年には東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻修士課程に入学し、2005年に修了。2010年には同大学の客員教授に就任した。

なおモンキー・パンチの追悼企画として、4月19日には日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』でアニメ『ルパン三世』の劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を放送。5月31日からはアニメーション映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』が公開される。

  • HOME
  • Book
  • 『ルパン三世』生みの親モンキー・パンチ逝去、81歳 金ローで追悼放送も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて