坂口健太郎が涙&吉田鋼太郎が熱中『光のお父さん』予告編、主題歌はGLAY

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の予告編と主題歌、挿入歌が発表された。

6月21日から公開される同作は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1千万を超えた連載ブログをもとにした作品。仕事一筋で単身赴任中だったが突然会社を辞めて家に帰ってきた父・岩本暁の本音を知るために、息子の岩本アキオがオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分の正体を隠して共に冒険に旅に出る「光のお父さん計画」を思いつく、というあらすじだ。岩本アキオ役に坂口健太郎、岩本暁役に吉田鋼太郎がキャスティング。

予告編では、オンラインの仲間の協力を経て父とゲームの世界で旅をするアキオの様子や、父がコントローラーを手にする場面、腹部を抱えて倒れるシーン、「ゲームなんてしてる場合じゃなかった」というアキオのセリフ、アキオが涙を流す姿などが確認できる。また佐久間由衣演じるアキオの同僚・里美、山本舞香演じるアキオの妹・美樹、佐藤隆太演じる会社の先輩・吉井、財前直見演じるアキオの母親らも登場している。

主題歌に起用されたのはGLAYによる書き下ろしの新曲“COLORS”。TERU(GLAY)は楽曲について「お話をいただいてからというもの、光の戦士としてFF14の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなければ、この曲は生まれていません」と明かしている。また挿入歌はTHE BEAT GARDENが担当する。

TERU(GLAY)のコメント

劇場版・光のお父さんの主題歌のお話を頂いたのは結構前なのですが、お話をいただいてからというもの、光の戦士としてFF14の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなければ、この曲は生まれていません。親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください。

THE BEAT GARDENのコメント

映画「光のお父さん」の“挿入歌”というお話を頂いて、スクリーンの中でどのシーンで流れてもストーリーと共に歩んでいける歌を作れたらと思い、曲を描いていきました。ゲームの中や現実で、見える敵と見えない敵に敗れても敗れても立ち向かっていく登場人物達は本当に「負け」なのか。自分にも問いかけながら綴った言葉や歌がどんな答えを映画の中で教えてくれるのかを楽しみにしています。初めての映画挿入歌。こんな素敵な作品の一員にさせて下さり、本当にありがとうございます。

作品情報

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』

2019年6月21日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:野口照夫、山本清史 脚本:吹原幸太 原作:マイディー『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 主題歌:GLAY“COLORS” 挿入歌:THE BEAT GARDEN 出演: 坂口健太郎 吉田鋼太郎 佐久間由衣 山本舞香 佐藤隆太 財前直見 声の出演: 南條愛乃 寿美菜子 悠木碧 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 坂口健太郎が涙&吉田鋼太郎が熱中『光のお父さん』予告編、主題歌はGLAY

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて