藤原竜也、窪田正孝、小栗旬ら集う『Diner』予告編 カナコ役に玉城ティナ

蜷川実花監督の新作映画『Diner ダイナー』の予告編と本ポスタービジュアルが公開。あわせて同作に玉城ティナが出演していることが明らかになった。

7月5日から公開される同作は、平山夢明の小説『ダイナー』を映画化する作品。要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がり、強烈な色彩美を放つ殺し屋専用の「ダイナー」を舞台にした物語で、元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ役を藤原竜也が演じる。

予告編とポスタービジュアルでは、これまで謎に包まれていたダイナーに集う殺し屋を演じるキャストのビジュアルと配役が判明。予告編ではダイナーの店主ボンベロが「俺はここの王だ!」と宣言する場面をはじめ、金髪で長髪の小栗旬演じる組織の四天王の1人マテバがクワガタを口にする様子や、窪田正孝演じる顔中傷だらけの孤高の殺し屋スキンがマシンガンを撃ち放つシーン、本郷奏多演じるサイコキラーのキッドが返り血を浴びながら鉛筆を突き刺す様などが映し出されている。

また真矢ミキ演じる男装の麗人・無礼図、土屋アンナ演じる容赦ない殺し屋マリア、奥田瑛二演じるコフィらが集う「晩餐」の様子や、斎藤工演じるハイテンションなカウボーイ、武田真治演じる筋肉自慢のブロ、金子ノブアキ演じる豚のマスクのブタ男、佐藤江梨子演じるカウボーイの女・ディーディーの姿も確認できる。

あわせて出演が発表された玉城ティナが演じるのは、日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに殺される直前、ボンベロにウェイトレスとして身を買われるオオバカナコ役。予告編にはカナコが縄で縛られて吊るされている様子や、ウェイトレスの制服を着たカナコの姿も映し出されている。

玉城の出演について蜷川監督は自らプロデューサー陣を説得し、「ティナとなら心中できる」と話したという。起用について「以前MVのお仕事での演技を見て、それまでもモデルとして撮影したことはあったけれど、まさかこれほど演技ができるなんてと驚いた」「原作よりも年齢の若いカナコを作り上げることでより案内役として若い世代からも共感が得られるようにしたかった」とコメントしている。

また玉城は「不安もありましたが、蜷川監督を信じ、藤原さんを背中を追いかけて、カナコとしての日々を必死に駆け抜けました」と撮影を振り返っている。

作品情報

『Diner ダイナー』

2019年7月5日(金)から全国公開
監督:蜷川実花 脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花 原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社) 音楽:大沢伸一 出演: 藤原竜也 玉城ティナ 窪田正孝 本郷奏多 武田真治 斎藤工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗旬 土屋アンナ 真矢ミキ 奥田瑛二 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 藤原竜也、窪田正孝、小栗旬ら集う『Diner』予告編 カナコ役に玉城ティナ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて