ニュース

『007』最新作『BOND 25』が2020年に公開、新キャストにラミ・マレックら

左からマイケル・G・ウィルソン、レア・セドゥ、キャリー・フクナガ、アナ・デ・アルマス、ダニエル・クレイグ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、バーバラ・ブロッコリ
左からマイケル・G・ウィルソン、レア・セドゥ、キャリー・フクナガ、アナ・デ・アルマス、ダニエル・クレイグ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、バーバラ・ブロッコリ

映画『BOND 25(仮題)』が2020年に全国公開される。

『007』シリーズの最新作となる同作のあらすじは、現役を退きジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたボンドが、旧友でCIAエージェントのフェリックス・ライターから誘拐された科学者の救出を依頼され、危険な最新技術を操る正体不明の敵に導かれていくというもの。

日本時間の昨日4月25日に『007』シリーズの第1作『007 ドクター・ノオ』のロケ地であるジャマイカでローンチイベントが開催。全世界同時ライブストリーミングが行なわれた。イベントには、製作のバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、監督のキャリー・フクナガらが登壇し、続投キャストとして、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグをはじめ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、新キャストとして、アナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレックの出演を発表。脚本はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジが手掛ける。

メッセージ映像で登場したラミ・マレックは「こんにちは、ラミ・マレックだよ。みんなは素敵なジャマイカにいるんだってね。ちっとも嫉妬なんてしていないよ…僕は別の仕事でニューヨークだけどね…。最新作のキャストとクルーたちに会えることをすごく楽しみにしているよ!そして…MR.ボンド君。25作品目のミッションは決して簡単に乗り越えることはできないだろう…」とコメントを寄せた。

またフクナガ監督、ダニエル・クレイグ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチらによるトークセッションで、クレイグは「25作品も続く『007』シリーズが何故これほどまでにも愛されているのか?」という質問に「『007』シリーズは、僕自身子供のころから家族と一緒に観ていた大好きな作品だ。原作者のフレミングによって作りこまれたキャラクターや設定、舞台背景が、映画でもしっかりと踏襲されていることで、ボンドというキャラクターは違った役者が演じても、一貫性が保たれている。それが、ファンが長年経ってもついてきてくれる理由なんだろうね」と分析。

フクナガ監督は「僕にとって、ダニエルが一番お気に入りのボンドなんだ。だから、今作はこれまでの作品のなかで“最高の007だ”といわれるもの仕上げ、ダニエルに有終の美を飾らせてから、次にバトンタッチしたい。僕はこの映画でベストを尽くしているから、きっと次の監督にはハードルが高くなってしまうと思うよ(笑)」と述べた。

ダニエル・クレイグ:Jasonbellphoto
ダニエル・クレイグ:Jasonbellphoto
ラミ・マレック:Erik Tanner/Getty Images
ラミ・マレック:Erik Tanner/Getty Images
レア・セドゥ:Jasonbellphoto
レア・セドゥ:Jasonbellphoto
ベン・ウィショー:Jasonbellphoto
ベン・ウィショー:Jasonbellphoto
『BOND 25(仮題)』ロゴ
『BOND 25(仮題)』ロゴ
左からキャリー・フクナガ、ダニエル・クレイグ RUSH PHOTOGRAPHY JA
左からキャリー・フクナガ、ダニエル・クレイグ RUSH PHOTOGRAPHY JA
左からレア・セドゥ、アナ・デ・アルマス、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ RUSH PHOTOGRAPHY JA
左からレア・セドゥ、アナ・デ・アルマス、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ RUSH PHOTOGRAPHY JA
画像を拡大する(17枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」