綾野剛×杉咲花×佐藤浩市が共演 瀬々敬久監督『楽園』初映像&ポスター

瀬々敬久監督の映画『楽園』の超特報映像とポスタービジュアルが公開された。

同作は、『悪人』『怒り』などで知られる吉田修一の小説『犯罪小説集』が原作。未解決の幼女誘拐事件をきっかけに孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡が出会い、互いの境遇に共感し合うが、事件から12年後に同じY字の分かれ道で少女が姿を消したことから事態が急変する一方、近くの集落に暮らす善次郎はある行き違いから孤立を深めて狂気に転落していき、やがて2つの事件と3人の運命が交錯する、というあらすじだ。豪士役を綾野剛、紡役を杉咲花、善次郎役を佐藤浩市が演じる。

超特報映像には豪士と紡が並んで路地に立つ様子や、善次郎の姿、村上虹郎演じる紡に想いを寄せる幼なじみ・野上広呂と紡が人ごみを歩くシーン、人物の身体に火がつき、燃えているシーンなどが確認できる。またポスタービジュアルには、「心えぐられる衝撃作――」のコピーと共に、豪士、紡、善次郎の顔が写し出されている。

あわせて同作の公開日が10月18日に決定した。

作品情報

『楽園』

2019年10月18日(金)から全国公開
監督・脚本:瀬々敬久 原作:吉田修一『犯罪小説集』(KADOKAWA) 出演: 綾野剛 杉咲花 村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明 佐藤浩市 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 綾野剛×杉咲花×佐藤浩市が共演 瀬々敬久監督『楽園』初映像&ポスター

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて