米津玄師による主題歌“海の幽霊”初公開 映画『海獣の子供』新予告編

アニメーション映画『海獣の子供』の予告編第2弾が公開された。

五十嵐大介の同名漫画をSTUDIO4℃がアニメ化する同作は、14歳の少女・琉花とジュゴンに育てられた2人の兄弟・海と空のひと夏の出逢いを描く作品。主人公・琉花役の声を芦田愛菜が演じるほか、石橋陽彩、浦上晟周、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優らが声優陣に名を連ねる。音楽は久石譲が担当し、主題歌には米津玄師による書き下ろしの新曲“海の幽霊”を起用。公開日は6月7日となる。

予告編第2弾では、米津玄師の主題歌“海の幽霊”の音源が公開。同曲には「大切なことは言葉にならない」というフレーズが含まれており、「一番大切な約束は、言葉では交わさない」という作品テーマに通じる世界観が表現されているという。

さらに森崎ウィン演じるアングラードの「僕たちは何も見えていないのと同じだ」というセリフや、主人公・琉花の身体に起こる異変、琉花が巨大なザトウクジラに飲み込まれるシーンなどが確認できる。

なお本日5月10日から『海獣の子供』の原作第1巻無料キャンペーンがLINEマンガでスタートする。

作品情報

『海獣の子供』

2019年6月7日(金)から全国公開
監督:渡辺歩 原作:五十嵐大介『海獣の子供』(小学館) 音楽:久石譲 主題歌:米津玄師“海の幽霊” アニメーション制作:STUDIO4℃ 声の出演: 芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井優 渡辺徹 田中泯 富司純子 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 米津玄師による主題歌“海の幽霊”初公開 映画『海獣の子供』新予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて