ヴィム・ヴェンダース監督作『ベルリン・天使の詩』、渋谷で2週間限定上映

ヴィム・ヴェンダース監督の映画『ベルリン・天使の詩』が、5月3日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマで2週間限定上映される。

1987年に公開された西ドイツとフランスの合作映画『ベルリン・天使の詩』。壁崩壊前のベルリンで、人間世界を見守り続けてきた天使・ダミエルが、サーカスショーに出演する女性・マリオンに惹かれていくというあらすじだ。1987年の『カンヌ国際映画祭』で最優秀監督賞を受賞した。

キャストには今年2月に逝去したブルーノ・ガンツのほか、オットー・ザンダー、本人役で出演しているピーター・フォークやニック・ケイブが名を連ねている。撮影監督は『ローマの休日』などで知られるアンリ・アルカン。

上映館となるBunkamuraル・シネマでは現在、ベルリンの壁崩壊後の旧東ドイツを舞台にした映画『希望の灯り』を上映しているほか、5月17日からは冷戦下の東ドイツでの実話を描いた『僕たちは希望という名の列車に乗った』も公開。いずれかの作品のチケットを提示すると『ベルリン・天使の詩』の鑑賞が割引となるサービスが実施される。詳細はBunkamuraル・シネマのオフィシャルサイトをチェックしよう。

作品情報

『ベルリン・天使の詩』

2019年5月3日(金・祝)~5月16日(木)にBunkamuraル・シネマで上映
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演: ブルーノ・ガンツ ソルヴィグ・ドマルタン オットー・ザンダー クルト・ポウワ ピーター・フォーク ニック・ケイヴ ほか 上映時間:127分 配給:東北新社
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ヴィム・ヴェンダース監督作『ベルリン・天使の詩』、渋谷で2週間限定上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて