ニュース

TOSHI-LOWによる弁当本『鬼弁』刊行 横山健、TAKUMA、渡辺俊美らがコメント

TOSHI-LOW(BRAHMAN、OAU)による弁当本『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』が、5月22日に刊行される。

BRAHMANのボーカルとして活動し、「鬼」と称されることもあるTOSHI-LOW。『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』は、妻である女優・りょうが多忙な際、TOSHI-LOWが長男のために作りはじめたという創意工夫を凝らした弁当を紹介した一冊だ。写真はTOSHI-LOWがプライベートなSNSアカウントで公開していたもの。TOSHI-LOWの知人たちがそれぞれの弁当にコメントしている。

コメントを寄せているのは、相澤陽介、井浦新、大森はじめ(東京スカパラダイスオーケストラ)、川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ)、片平里菜、川畑要(CHEMISTRY)、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、仙波レナ、ダイキ(ブリリアン)、高野寛、高山都、TAKUMA(10-FEET)、武田航平、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、VERDY、濱口優(よゐこ)、マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)、ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、松浦美穂、もも(チャラン・ポ・ランタン)、八重樫東、横山健(Ken Yokoyama、Hi-Standard)、善し(COWCOW)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、THE ZOOT16)ら。さらに料理講師や行きつけのバーの店長らもコメントしているとのこと。

なお同署の発売を記念するイベントが、5月24日に大阪・梅田 蔦屋書店、5月31日に愛知・名古屋の星野書店 近鉄パッセ店、6月中旬から下旬に東京で開催される。

井浦新のコメント

バイトしながらバンドやってたギザギザの出逢った頃、あの時から料理してたっけね。見事にどちらも続けてる。愛に溢れた鬼弁に凄まじさを感じるのは、ひとりのお父さんの懸けてきた人生そのものが、弁当箱の中に詰まってるからなんだろぉな。これからもエアー早弁して楽しませてもらうよ。

TAKUMA(10-FEET)のコメント

出来過ぎず出来なさ過ぎず。でもとっても美味しそう。リアルと愛情しかない。バンドマンでお父さんTOSHI-LOWの手作りお弁当シリーズ。愛と二日酔いのお弁当御献立日誌。なんなんだよこれは。高過ぎないクオリティから全国のお父さん達を勇気づける反面“あんたもこれぐらい作んなさいよ”と怒られるお父さんも生み出す作品。全国の離婚率を下げ、そして上げる。つまり意味とか意義など特に無いのである。ただただ楽しい本なのである。

高山都のコメント

私にとってはロックスターで遠い存在なのに、日々のユーモアと愛がたっぷりのお弁当のおかげで、勝手に身近に、ひとりのお父さんとして、見ている日のほうが多い気がします。

濱口優(よゐこ)のコメント

鬼の形相で細部にこだわり詰め込んでる姿が目に浮かぶ出来のお弁当がズラリ並んでます!このお弁当からアーティストとは?を子供さんは自然に感じていくのでしょうか?

夏木マリのコメント

硬派な父さんが、弁当を作りはじめた
子ども達はしあわせを味わってるよ

おっ、
この頃、色が変わって来た
だって、
父さんは、大人になったから、、、

もも(チャラン・ポ・ランタン)のコメント

いやどう考えても完全にコワイ鬼ぃさんの作ったものとは思えない、カラフルで見てるだけで楽しいお弁当たち。あのTOSHI-LOWさんがニコニコしながら作ってると思うとちょっとゾッとするし、真顔で作ってたとしてもジワジワくるし……(笑)

横山健(Ken Yokoyama、Hi-Standard)のコメント

オレがトシくんの弁当の話で一番のお気に入りは「酔っ払って作ったから味付けがめちゃ濃くなった」話。そりゃ居酒屋の味付けになるよね。そういう親父の背中を見て、二人の息子達も、愛情は深いけどなにかが致命的に欠落した人間に育っていくんだなぁと思うと胸熱だよ。

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、THE ZOOT16)のコメント

お弁当を作っているミュージシャンのなかで「僕が一番CDが売れてる」って自分で言ってたんですけど、これで超えられますね(笑)。僕のなかでは池波正太郎以来となる新「男の作法」。男の人全員読んでほしい。文章も含めて、素晴らしいひとつの物語と言うか、小説を読んだ気がしました。情景が浮かぶ。それと僕もいつも言ってるんですけど、食べた息子がえらい!

TOSHI-LOW『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』表紙
TOSHI-LOW『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』表紙
TOSHI-LOW
TOSHI-LOW
TOSHI-LOW
TOSHI-LOW
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る