ニュース

組長・古田新太がムロツヨシを舎弟に テレ東ドラマ『Iターン』続報

『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会

連続ドラマ『Iターン』の追加キャストが発表された。

福澤徹三の同名小説を原作にした『Iターン』は、広告代理店に勤める45歳の営業マン狛江が、左遷先でのミスをきっかけに2人のヤクザの組長の間で右往左往する様を描いた作品。毎話、究極の選択を迫られる狛江役を、テレビ東京のドラマでは初主演となるムロツヨシが演じる。7月からテレビ東京系「ドラマ24」枠で放送。

今回出演が発表されたのは、古田新太。狛江の左遷先・阿修羅市を牛耳る2人のヤクザの組長の1人である岩切組の組長・岩切猛役を演じる。岩切は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方で裏切り者には容赦がない昔気質のヤクザ。

古田はムロツヨシについて「ムロ(ツヨシ)は、いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい」とコメント。

またムロツヨシは「今回、古田さんと共演するにあたって僕からお願いしていたのは、殴るシーンで殴るふりはいらないということ。古田さんに殴られる狛江・ムロが、僕が視聴者だったらみたいと思ったので、思いっきりいってくださいとお伝えしました」と述べている。

古田新太のコメント

ドラマ24の主演が決まったときの感想
スケジュールが空いていてよかったなと思いました。
岩切という役について
岩切は、人情に厚い昔ながらのヤクザで、結構武闘派です。
今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います(笑)。
共演のムロツヨシについて
ムロ(ツヨシ)は、いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい。
視聴者へのメッセージ
ムロくん演じる狛江が、オイラが演じる岩切と竜崎にどんどん追いつめられていきます。そんないじめられっ子のムロくんを楽しんでいただければ。いじめられる人によっていじめている側の見え方が変わってきますが、ムロくんはその才能が素晴らしいので、ぜひともいじめられているムロくんをみて、ゲラゲラ笑ってください。

ムロツヨシのコメント

今回、古田さんと共演するにあたって僕からお願いしていたのは、殴るシーンで殴るふりはいらないということ。古田さんに殴られる狛江・ムロが、僕が視聴者だったらみたいと思ったので、思いっきりいってくださいとお伝えしました。なんでそれをお願いしたかというと、古田さんって普段ぜんぜん褒めないんですけど、唯一褒められたことがあるのは、数年前の舞台で僕がよくぶたれるシーンがあって、お客さんも笑っていたんですよ。そうしたら古田さんが、「普通あんなに年上の男が年下のお前を殴っていたら痛々しくて笑えないはずなのにお前は笑える。お前は殴られて笑われる、その才能はあるな」と。唯一褒められたのがそこでした。ですから、ちゃんと共演したときにそこだけは活かそうと思って、監督には古田さんが僕を殴るシーンは結構いれてくださいとお願いしました。そこでみんなが面白くなってもらえればいいなと。みなさんにはまず、古田さんが殴るムロを楽しみにしていただきたいです。

内田英治監督のコメント

出演者の続報が出ました。『Iターン』のもうひとりの主演は古田新太さんです。昔気質の極道の親分を演じております。ムロツヨシさんと話し合ったようで、のっけから素手でバンバンとビンタを張ります。
殴られたムロさんは、バンバンふっ飛んでゆきます。その度に現場では笑いが起き、レベルの高いビンタシーンになりました。古田さんはまるで昭和のスターのような破天荒なお方で、規則でがんじがらめの時代には、いささかはみ出ている役者さんです。しかし、ビンタのたびに「大丈夫?」と耳元で言うのも僕は見逃しません。破天荒で、一方でとても優しい役者さんです。そんな古田さんが、時代からはみ出た親分を演じるのですから、面白くないわけがありません。古田さん演じる親分が、時代の先端をゆく広告マン(ムロさん)と出会い、いつしか相棒となってゆくドタバタコメディです。『蒲田行進曲』や、『セーラー服と機関銃』のような80年代日本映画のイメージで本作に挑みました。古田さんと、ムロさん。最高に上手なふたりの俳優が、最上の喜劇にしてくれました。

山鹿達也プロデューサーのコメント

ムロツヨシさんを日本一不幸のどん底に落とす破壊力があり顔が怖い人は誰?二人の掛け合いが新鮮で面白い人は誰?と原作を読んでいたら、古田新太さんの顔が浮かびました。昔気質で人情に厚いヤクザの親分で、言葉より先に手が出るタイプ。中年オヤジの狛江と岩切の黄金コンビはムロさんと古田さんしかいないとお願いしました。超売れっ子のお二人のスケジュールが合ってよかったです。現場ではムロさんと古田さんは、和気あいあいに仲良くじゃれていて…(笑)、二人の掛け合いにスタッフは大笑いしていました。そんなムロさんと古田さんの芝居を超えた(!?)掛け合いは、最高で最強です。
「令和」に変わった新時代、新しく変わる世の中で変わらない古き良さ、人と人の距離が近い「昭和」テイストな二人の濃密な関係は、逆に新しいと思います!ぜひご期待ください!

『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
『Iターン』 ©「Iターン」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる