『幽☆遊☆白書』舞台化 幽助役に崎山つばさ、蔵馬役に鈴木拡樹

冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』が舞台化されることが発表された。

『週刊少年ジャンプ』で1990年から1994年まで連載された『幽☆遊☆白書』。単行本の累計発行部数は5千万部を超え、2017年にはテレビアニメ化25周年を迎えた。

舞台版では、主人公・浦飯幽助役に崎山つばさ、桑原和真役に郷本直也、蔵馬役に鈴木拡樹、飛影役に橋本祥平、コエンマ役に荒木宏文がキャスティング。さらに雪村螢子役を未来、浦飯温子役を角島美緒、ぼたん役を平田裕香、剛鬼役を新田健太 幻海役をエリザベス・マリーが演じる。脚本・演出はミュージカル『刀剣乱舞』、アニメ『東京喰種トーキョーグール』などの御笠ノ忠次が担当。

東京公演は8月28日から東京・北千住のシアター1010で上演。その後、9月4日から大阪・森ノ宮ピロティホール、9月10日から福岡・ももちパレス、9月20日から愛知・一宮市民会館を巡演する。

チケットの先行販売は5月11日11:00から受付開始。一般販売は6月23日10:00からスタートする。今回の発表とあわせてキービジュアルが公開された。

イベント情報

舞台『幽☆遊☆白書』

脚本・演出:御笠ノ忠次 原作:冨樫義博『幽☆遊☆白書』(集英社) 出演: 崎山つばさ 郷本直也 鈴木拡樹 橋本祥平 未来 角島美緒 平田裕香 新田健太 エリザベス・マリー 荒木宏文 東京公演 2019年8月28日(水)~9月2日(月)全9公演 会場:東京都 北千住 シアター1010 大阪公演 2019年9月4日(水)~9月8日(日)全7公演 会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール 福岡公演 2019年9月10日(火)~9月12日(木)全3公演 会場:福岡県 ももちパレス 愛知公演 2019年9月20日(金)~9月22日(日)全5公演 会場:愛知県 一宮市民会館 料金:プレミアムシート10,800円 一般席8,500円
  • HOME
  • Stage
  • 『幽☆遊☆白書』舞台化 幽助役に崎山つばさ、蔵馬役に鈴木拡樹

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて