西寺郷太による講座『マイケル・ジャクソンと現代社会』 早大EXTで開講

西寺郷太(NONA REEVES)による講座『マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)』が7月に東京・早稲田大学 エクステンションセンター早稲田校で開催される。

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、文筆家として知られる西寺郷太。同講座では、マイケル・ジャクソンの少年性的虐待疑惑を深堀りし、「マイケル・ジャクソンがいかに1990年代以降のメディアによって印象操作されたのか」という問いに対し、実際の資料や証言をもとに検証する。参考図書は西寺による著書『マイケル・ジャクソン』。

講座は7月10日から7月31日までの全4回。第1回では「1993年のジョーディ・チャンドラー(民事訴訟)」、第2回では「2003-2005年のギャビン・アルビーゾ(刑事訴訟)」、第3回では「弁護士・高木良平氏との対話、考察」、第4回では「2019年の『ドキュメンタリー』」について各講義を展開する。補講は8月7日を予定している。

受講申込の先行受付は、5月15日からエクステンションセンター会員を対象にスタート。一般申込は6月11日から。申込方法などの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)』

2019年7月10日(水)~7月31日(水)全4回 会場:東京都 早稲田大学 エクステンションセンター早稲田校
講師:西寺郷太(NONA REEVES) ゲスト講師:高木良平 定員:30名 料金:エクステンションセンター会員15,664円 一般17,413円
  • HOME
  • Music
  • 西寺郷太による講座『マイケル・ジャクソンと現代社会』 早大EXTで開講

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて