神尾楓珠&優希美青「兄妹」が使用人として奮闘 『うち執』特別映像公開

映画『うちの執事が言うことには』の特別映像「雪倉兄妹篇」が公開された。

5月17日から全国公開される同作は、高里椎奈による同名小説が原作。社交界の名門である烏丸家の御曹司・花穎が、仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬と主従関係を結び、烏丸家を襲うピンチに立ち向かう、というあらすじだ。烏丸家第27代当主で、特別な色彩感知能力を持つ頭脳明晰の主人公・花穎役を永瀬廉(King & Prince)、新たな執事・衣更月蒼馬役を清原翔、学生起業家の赤目刻弥役を神宮寺勇太(King & Prince)が演じる。

King & Princeが歌う主題歌“君に ありがとう”を使用した「雪倉兄妹篇」は、神尾楓珠演じる雪倉峻と、優希美青演じる映画オリジナルキャラクターである妹の美優の姿を捉えたもの。原日出子演じる母・叶絵に代わって急遽「ハウスキーパー代理」として烏丸家にやってきた美優が「すっご~い!!」と感嘆の声を上げる様子や、峻が芽雛川家のパーティに出席する花穎の洋服をコーディネートするシーン、衣更月蒼馬の姿などが映し出されている。

神尾は「普段黒の服しか着ないから、ファッションのことが全く分からなくて(笑)。ファッションやコーディネートを知っているように言わなきゃいけないから難しかったです」とコメント。

また初共演となった神尾と優希は「撮影の合間ずっと『名探偵コナン』の話をしてくる(笑)。それを僕は聞いていたんですけど、その関係性が峻と美優と似ているなって思っていました」「妹役って聞いた時は、私自身が大人っぽく見られがちなので、妹に見えるかなと不安だったんです。でも神尾さんと初めてお会いした時にしっかりされていて、雰囲気も大人っぽく、眉毛の濃さが似ているな(笑)と。兄妹になれそうだなと思いました」とそれぞれ述べている。

作品情報

『うちの執事が言うことには』

2019年5月17日(金)から全国公開
監督:久万真路 脚本:青島武 原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫) 主題歌:King & Prince“君に ありがとう” 出演: 永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 前原滉 田辺桃子 矢柴俊博 村上淳 原日出子 嶋田久作 吹越満 奥田瑛二 配給:東映
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 神尾楓珠&優希美青「兄妹」が使用人として奮闘 『うち執』特別映像公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて