黒い眼帯の女性戦場記者の半生描く 映画『プライベート・ウォー』9月公開

映画『プライベート・ウォー』が、9月13日から東京・日比谷のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

同作は、レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争、東ティモール紛争などを取材し、2012年にシリアで受けた砲撃で命を落とした『サンデー・タイムズ』紙の「伝説の記者」メリー・コルヴィンの半生を描いた作品。戦場に魅了されてしまった女性の苦悩や葛藤、恐怖を描く。

2001年のスリランカ内戦取材中に左目を失明し、PTSDに苦しみながらも黒の眼帯をトレードマークに世間の関心を紛争地帯に向けようと努めたメリー・コルヴィン役にロザムンド・パイクがキャスティング。共演者にはジェイミー・ドーナン、スタンリー・トゥッチらが名を連ねる。

監督は『カルテル・ランド』『ラッカは静かに虐殺されている』などのドキュメンタリーを手掛け、同作が初の劇映画作品となるマシュー・ハイネマン、撮影監督はクエンティン・タランティーノ作品で知られるロバート・リチャードソン、プロデューサーはシャーリーズ・セロンが務め、脚本は『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』のアラッシュ・アメル、主題歌はアニー・レノックスが担当した。

作品情報

『プライベート・ウォー』

2019年9月13日(金)からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:マシュー・ハイネマン 脚本:アラッシュ・アメル 原作:マリエ・ブレンナー 作曲:H・スコット・サリーナス 主題歌:アニー・レノックス“Requiem for a Private War” 出演: ロザムンド・パイク ジェイミー・ドーナン スタンリー・トゥッチ 上映時間:110分 配給:ポニーキャニオン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 黒い眼帯の女性戦場記者の半生描く 映画『プライベート・ウォー』9月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて