ニュース

志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会

映像作品『潤一』の予告編と場面写真が公開された。

井上荒野の同名小説をもとにした同作は、是枝裕和を中心に設立された制作者集団「分福」が手掛けるプロジェクト。女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、様々な背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那的な愛を描く。無職で家を持たず、女性たちの間をわたり歩いている潤一役に志尊淳がキャスティング。

公開された予告編は、監督の北原栄治が自ら制作したもの。「なんていうの? 下の名前」「潤一」という会話をはじめ、「やらせてあげないと嫌いになっちゃいますか?」という言葉、蒔田彩珠演じる瑠依が制服を脱ぐ様子、潤一が夏帆演じる環や伊藤万理華演じる美夏とキスするシーン、原田美枝子演じるあゆ子が潤一の背中に頬を寄せて微笑む場面などが確認できる。

また場面写真には、上半身裸の潤一の姿をはじめ、潤一と藤井美菜演じる映子がテーブルを挟んで向かい合う様子、潤一と江口のりこ演じる千尋がベッドに横たわるシーン、瑠依と潤一がボートに乗る場面などが写し出されている。

同作は7月12日から連続ドラマとして関西テレビなどで放送されるほか、6月14日から東京・丸の内ピカデリーで1週間限定で先行公開。また、6月26日からAmazon Prime Video、iTunes Storeほかで配信され、本放送終了後に国内プラットフォームで見逃し配信を行なう予定だ。

『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
『潤一』 ©2019「潤一」製作委員会
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開