ニュース

「キリン 午後の紅茶」新CMに南沙良、リリー、深田恭子、新木優子が笑顔

「キリン 午後の紅茶」CM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇
「キリン 午後の紅茶」CM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇

「キリン 午後の紅茶」の新CM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇が、本日6月17日から放送される。

CMには新たにイメージキャラクターとなった南沙良のほか、これまでに引き続いてリリー・フランキー、深田恭子、新木優子が出演。現在17歳の南沙良は、制服を着用して高校生役を演じている。

「キリン 午後の紅茶」のブランド担当者は南沙良の起用理由について、「ありのままの自分を大切にする“紅茶派”な人が世代を超えて広がっていることを伝える『キリン午後の紅茶』のブランド広告を制作するにあたり、10代の“紅茶派”代表として、新進気鋭の南さんをぜひ起用したいと考えました」とコメントしている。

南沙良のコメント

今回お話を頂いた時、あまりに嬉しかったので、その日一日は何か“落とし穴”でもあるんじゃないかって。とにかく緊張して歩いていました。一番最初に母に伝えたのですが、驚かせたかったので、“クイズ形式”で。ですが、『幼い頃から好きが変わらない飲み物はなんでしょう?』と、ヒントを出すとすぐに当てられてしまい、その第一声が『おめでとう』じゃなくて、『沢山飲めるね』って(笑)。母も「午後の紅茶」を手作りのお菓子にも使うほど大好きなので、本当に喜んでくれました。その反応を見て、私も更に嬉しくなりました。紅茶好きなわが家の冷蔵庫には必ず入っていて、夏は凍らせて。冬は温めて。また、お料理やお菓子作りにも使うほど、とても身近な存在です。是非、あなただけの「午後の紅茶」の楽しみ方を探してみてください。

「キリン 午後の紅茶」CM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇
「キリン 午後の紅茶」CM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」