伊藤健太郎が女子体操着の匂い嗅ぐ&玉城ティナに跪く、『惡の華』場面写真

押見修造原作の映画『惡の華』の場面写真が公開された。

9月27日から公開される同作は、シャルル・ボードレールの『惡の華』を心の拠り所にしている地方都市の中学2年生・春日高男がクラスのマドンナ・佐伯奈々子の体操着を盗んだことを問題児の仲村佐和に目撃され、そのことを秘密にする代わりにある「契約」を持ちかけられる、というあらすじ。仲村からの変態的な要求に翻弄され、アイデンティティが崩壊していく主人公・春日役を伊藤健太郎、彼に執拗につきまとう仲村役を玉城ティナ、春日が片思いをする佐伯役を秋田汐梨、春日と交流を深める常磐文役を飯豊まりえが演じる。監督は井口昇、脚本は岡田麿里。

場面写真には、井口監督が「全ての分子まで吸い取るくらいの嗅ぎ方をしてほしい」と伊藤に演技指導をしたという、春日が佐伯の体操着を手に掴んで鼻の先にあてがうシーンをはじめ、椅子に座って足を組む仲村を前に心臓を抑えながら跪く春日、図書館で春日が仲村に無理矢理体操着を着せられる場面、春日と仲村が共に包丁を握る様子などが写し出されている。

作品情報

『惡の華』

2019年9月27日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:井口昇 脚本:岡田麿里 原作:押見修造『惡の華』(講談社) 出演: 伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ 北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 伊藤健太郎が女子体操着の匂い嗅ぐ&玉城ティナに跪く、『惡の華』場面写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて