福山雅治と石田ゆり子が涙 映画『マチネの終わりに』特報映像が公開

映画『マチネの終わりに』の特報が公開された。

平野啓一郎の同名小説を原作とする『マチネの終わりに』は、東京、フランス・パリ、アメリカ・ニューヨークを舞台に、運命に翻弄される音楽家とジャーナリストの男女2人の6年を描いた作品。初共演となる福山雅治と石田ゆり子が、それぞれ天才ギタリスト・蒔野聡史役、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子役を演じる。監督は『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『昼顔』などの西谷弘。脚本は井上由美子が手掛けた。公開は11月1日。

本編映像を使用した特報には、聡史が映画のメインテーマ“幸福の硬貨”をクラシックギターで演奏する様子や、「もし洋子さんが、地球のどこかで死んだって聞いたら、僕も死ぬよ」「私、結婚するの」といった聡史と洋子のやりとり、聡史と洋子がそれぞれ涙を流すシーンなどが映し出されている。なお同作は物語の世界観にあわせて全編フィルムカメラで撮影が行なわれた。

作品情報

『マチネの終わりに』

2019年11月1日(金)から全国東宝系で公開
監督:西谷弘 脚本:井上由美子 原作:平野啓一郎『マチネの終わりに』 音楽:菅野祐悟 出演: 福山雅治 石田ゆり子 伊勢谷友介 桜井ユキ 木南晴夏 風吹ジュン 板谷由夏 古谷一行 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 福山雅治と石田ゆり子が涙 映画『マチネの終わりに』特報映像が公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて