殺し屋・窪田正孝の恍惚の食事シーン公開 『Diner ダイナー』本編映像

蜷川実花監督の新作映画『Diner ダイナー』の新たな本編映像が公開された。

平山夢明の小説『ダイナー』の映画版となる同作は、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がり、強烈な色彩美を放つ殺し屋専用の「ダイナー」を舞台にした作品。元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ役を藤原竜也が演じる。公開は7月5日。

公開された本編映像は、窪田正孝演じる全身傷だらけの殺し屋スキンが好物のスフレを食べるシーン。スキンは殺された母親の思い出の味であるスフレを食べることが唯一の生きがいで、ボンベロは母親の味を完璧に再現したスフレを毎回スキンに与えているという設定だ。

本編映像では、ボンベロが玉城ティナ演じるカナコに「絶対に間違えるな。これは『スキンのスフレ』だ」と告げてスフレを運ばせる場面や、スフレを食べたスキンが「俺はねカナコ、このスフレを味わうためだけに生きてるんだ」と饒舌に話しながらスフレを口にし、恍惚の表情を見せる様子、スフレに入っていた異物に気づき表情を変えるスキンの姿などが確認できる。

作品情報

『Diner ダイナー』

2019年7月5日(金)から全国公開
監督:蜷川実花 脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花 原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社) 音楽:大沢伸一 主題歌:DAOKO×MIYAVI“千客万来” 出演: 藤原竜也 玉城ティナ 窪田正孝 本郷奏多 武田真治 斎藤工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗旬 土屋アンナ 真矢ミキ 奥田瑛二 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 殺し屋・窪田正孝の恍惚の食事シーン公開 『Diner ダイナー』本編映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて