『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

上映イベント『第37回 ねぶくろシネマ@川崎競馬場 supported by コスモスイニシア』が7月27日に神奈川・川崎競馬場で開催される。

『ねぶくろシネマ』は、「街中をどこでも映画館に」をコンセプトに、遊休空間で映画作品を野外上映するイベント。東京・調布市民の「小さな子供と一緒でも気兼ねなく親子で映画を楽しめる環境と作りたい」という要望から始動した。当初は多摩川の河川敷で実施されていたが、現在は全国各地で行なっている。

37回目の開催となる今回は、かつて『ギネス世界記録』で「世界最長スクリーン」として認定されていた川崎競馬場の幅72メートルの「ドリームビジョン」を使用。会場では、QUEENのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』を日本語吹替版で無料上映する。来場者は芝生広場で寝転がりながら鑑賞することができる。

事前申込などは必要なく、誰でも参加することができる。雨天の場合は屋内スタンドで鑑賞となる。詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第37回 ねぶくろシネマ@川崎競馬場 supported by コスモスイニシア』

2019年7月27日(土) 会場:神奈川県 川崎競馬場
上映作品: 『ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー) 料金:無料 ※雨天時は屋内スタンドで鑑賞
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて