舞台『四次元の賢治 -完結編-』劇中歌に太田光、櫻井和寿、青葉市子ら参加

オペラ『四次元の賢治 -完結編-』の劇中歌の参加者が発表された。

『三陸防災復興プロジェクト2019』との連携企画として、7月13日に岩手・釜石市民ホール TETTO ホールAで初演される同作は、2017年に初演された『四次元の賢治』の第1幕に第2幕と第3幕を加えた完結編。宮沢賢治の諸作品をベースに脚本を中沢新一、音楽を小林武史が担当し、満島真之介、Salyu、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、ヤマグチヒロコらが出演する。

劇中歌に参加するのは、太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子ら。声のみの出演となり、舞台上には登場しない。チケットは現在販売中。なお同公演は、9月22日と23日に宮城・塩竈市杉村惇美術館で上演される。『四次元の賢治 -完結編-』は『Reborn-Art Festival 2019』の一環となる。

イベント情報

『四次元の賢治 -完結編-』

2019年7月13日(土) 会場:岩手県 釜石市民ホール TETTO ホールA
脚本:中沢新一 原案:宮沢賢治 音楽:小林武史 出演: 満島真之介 Salyu コムアイ(水曜日のカンパネラ) ヤマグチヒロコ 声、歌の出演: 太田光(爆笑問題) 櫻井和寿 青葉市子 ほか 料金:4,000円 釜石市民ホール窓口販売料金:3,000円
  • HOME
  • Stage
  • 舞台『四次元の賢治 -完結編-』劇中歌に太田光、櫻井和寿、青葉市子ら参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて