『21世紀の女の子』上映会で山戸結希、枝優花、安川有果、竹内里紗ら登壇

上映企画『女の子よカメラを持とう×TAMA CINEMA FORUM「21世紀の女の子」』が、8月24日に東京・永山公民館 ベルブホールで開催される。

現在『ホットギミック ガールミーツボーイ』が公開中の山戸結希監督が企画、プロデュースを手掛けた『21世紀の女の子』は、1980年代後半から1990年代生まれの映画監督15人が参加したオムニバス映画。「自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること」を共通テーマとして各監督が8分以内の短編で表現する。監督陣は、山戸をはじめ、東佳苗、井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本ユカリ、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子、金子由里奈、玉川桜。各短編の主演には橋本愛、朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈が起用されている。

TAMA映画フォーラム実行委員会による同企画は全2回上映となり、1回目上映後に山戸結希監督、竹内里紗監督、枝優花監督、2回目の上映後に山戸結希監督、安川有果監督、ふくだももこ監督による1時間におよぶトークをそれぞれ実施。チケットの販売は明日7月20日からスタートする。

イベント情報

『女の子よカメラを持とう×TAMA CINEMA FORUM「21世紀の女の子」』

2019年8月24日(土)全2回上映 会場:東京都 永山公民館 ベルブホール 料金: 前売 中学生以上1,500円 当日 中学生以上1,800円 4歳~小学生1,200円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『21世紀の女の子』上映会で山戸結希、枝優花、安川有果、竹内里紗ら登壇

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて