ニュース

紗倉まな、鈴木涼美ら16人がオープンな「エロ」語る『東京グラフィティ』

特集記事「オープン“エロ”ガールズ」が、本日7月23日に刊行される雑誌『東京グラフィティ8月号』に掲載されている。

同特集では性をポジティブに発信する女性たちにフォーカス。表紙と巻頭インタビューには紗倉まなが登場するほか、鈴木涼美、西野芙美(株式会社TENGA)、マキエマキ、金井茉利絵、鈴木リズ、牧野江里、うかみ綾乃ら16人が登場する。

紗倉まなはインタビューで「なぜポジティブにエロを発信することができるのか?」という質問に対して、「下ネタって意外と自分の武器になるんですよ。だって私は普段から相手が傷つけようとしている言葉よりもっと卑猥でえげつないことを言い続けているから(笑)。」と返答。

大学在学中にAVデビューし、卒業後は東京大学大学院、日経新聞記者となった作家・社会学者の鈴木涼美は、「AVのジャンルと同じだけ、女の種類もある。男の人は女を3種類くらいだと思ってるかもしれないけど、たぶんその1500倍くらいはジャンルがある。一つのジャンルとして理解しようとすると矛盾して破綻するんです」とインタビューで語っている。

TENGA、irohaブランドの広報を務める西野芙美は「隠してこそエロだろう、と言ってくる人もいます。それはそれでありだけど、自分の性に向き合えないと、そもそも楽しむことが難しい。エロに消極的な人の中にはそうした“基盤”がない人が多いのではないか」とコメント。

「昭和のエロ」をテーマにしたセルフポートレート作品を発表しているマキエマキは、「昭和のエロって完全に男の妄想なんですよね。嫌よ嫌よも好きのうちとか、そんな女いねーからって。でも、それがバカバカしくて好きなんです」と明かしている。

『東京グラフィティ8月号』表紙
『東京グラフィティ8月号』表紙
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う