ニュース

紗倉まな、鈴木涼美ら16人がオープンな「エロ」語る『東京グラフィティ』

特集記事「オープン“エロ”ガールズ」が、本日7月23日に刊行される雑誌『東京グラフィティ8月号』に掲載されている。

同特集では性をポジティブに発信する女性たちにフォーカス。表紙と巻頭インタビューには紗倉まなが登場するほか、鈴木涼美、西野芙美(株式会社TENGA)、マキエマキ、金井茉利絵、鈴木リズ、牧野江里、うかみ綾乃ら16人が登場する。

紗倉まなはインタビューで「なぜポジティブにエロを発信することができるのか?」という質問に対して、「下ネタって意外と自分の武器になるんですよ。だって私は普段から相手が傷つけようとしている言葉よりもっと卑猥でえげつないことを言い続けているから(笑)。」と返答。

大学在学中にAVデビューし、卒業後は東京大学大学院、日経新聞記者となった作家・社会学者の鈴木涼美は、「AVのジャンルと同じだけ、女の種類もある。男の人は女を3種類くらいだと思ってるかもしれないけど、たぶんその1500倍くらいはジャンルがある。一つのジャンルとして理解しようとすると矛盾して破綻するんです」とインタビューで語っている。

TENGA、irohaブランドの広報を務める西野芙美は「隠してこそエロだろう、と言ってくる人もいます。それはそれでありだけど、自分の性に向き合えないと、そもそも楽しむことが難しい。エロに消極的な人の中にはそうした“基盤”がない人が多いのではないか」とコメント。

「昭和のエロ」をテーマにしたセルフポートレート作品を発表しているマキエマキは、「昭和のエロって完全に男の妄想なんですよね。嫌よ嫌よも好きのうちとか、そんな女いねーからって。でも、それがバカバカしくて好きなんです」と明かしている。

『東京グラフィティ8月号』表紙
『東京グラフィティ8月号』表紙
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
『東京グラフィティ8月号』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も