横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』松岡広大のキャラクター特報公開

映画『いなくなれ、群青』のキャラクター特報「佐々岡編」が公開された。

9月6日公開の同作は、捨てられた人々が行き着くという謎の孤島「階段島」を舞台にした河野裕の同名ミステリー小説を実写映画化するもの。悲観主義の七草が理想主義の真辺由宇との再会をきっかけに島の謎や事件に関わっていく、というあらすじだ。七草役に横浜流星、真辺役に飯豊まりえ、真辺のクラスメイトで、人と話すのが極端に苦手な堀役に矢作穂香、七草のクラスメイト・佐々岡役に松岡広大がキャスティング。

「佐々岡編」には、佐々岡が「見ろ、新作ゲームやっとだぜ」と七草に話しかけるシーンや、「俺はいいと思うぜ、島から出るの」「じゃあ協力してくれる」「おう、任せとけ」という佐々岡と真辺のやりとり、「じゃあ俺が見つけてきてやるよ」とバイクに乗ってバイオリンの弦を探しにいく佐々岡の姿などが映し出されている。

松岡は「僕が演じた佐々岡は素直で明るく、若いエネルギーで溢れている学生です。ただ素直且つ意外と繊細な感覚を持っているので、傷付くことは普通の人よりも傷付きますし、一つの目標に向かうと周りが見えなくなってしまう、そんな不器用さも持っています」とコメント。

松岡広大のコメント

佐々岡役を演じさせて頂きました、松岡広大です。
僕が演じた佐々岡は素直で明るく、若いエネルギーで溢れている学生です。ただ素直且つ意外と繊細な感覚を持っているので、傷付くことは普通の人よりも傷付きますし、一つの目標に向かうと周りが見えなくなってしまう、そんな不器用さも持っています。
僕は今回彼の明るさというところよりも、人間誰しも持っているけれども見せようとしない、あるいは見せることが恥ずかしい「弱さ」を軸に演じ、困難に向かい奮闘するけれども自分の無力さを痛感し打ちひしがれた姿など、人間のもう一つの側面に意識を置きました。様々な葛藤を乗り越えた彼が最後どのような姿で映っているのか、是非観て頂きたいです。

作品情報

『いなくなれ、群青』

2019年9月6日(金)から全国公開
監督:柳明菜 脚本:高野水登 原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex) 音楽:神前暁 主題歌:Salyu“僕らの出会った場所” 出演: 横浜流星 飯豊まりえ 矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 黒羽麻璃央 伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗 配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』松岡広大のキャラクター特報公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて