ニュース

京都みなみ会館が8月23日に新装開館、初回上映作品は『未知との遭遇』

京都みなみ会館
京都みなみ会館

京都の映画館・京都みなみ会館が、8月23日にリニューアルオープンすることがわかった。

今年で開館55周年目となる京都みなみ会館。建物の老朽化に伴い昨年3月末をもって一時休館していた。移転先は、以前の京都みなみ会館の斜め前に位置する銀行跡地。建物をリノベーションした2階建ての劇場となる。旧館は1スクリーンのみだったが、新館は3スクリーンに拡大。126席の「スクリーン1」に加えて、54席の「スクリーン2」、30席の「スクリーン3」を備えるほか、35mmフィルムの上映も可能。またウェブでのチケット販売も行なう。

初回上映作品はスティーヴン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇 ファイナル・カット版』。8月24日と25日には特集上映『超大怪獣大特撮大全集』が行なわれるほか、浪曲師の玉川奈々福が来場する8月27日には『浪曲映画 in 関西 ―情念の美学』として市川雷蔵主演の『影を斬る』、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港』、9月6日から8日には『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』としてウェス・アンダーソン監督の『アンソニーのハッピー・モーテル』、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ハードエイト』を上映する。

さらに『タロウのバカ』『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』『ある船頭の話』『帰れない二人』『サタンタンゴ』『ドッグマン』『アタラント号 4Kレストア版』『ブレス あの波の向こうへ』『HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~』がラインナップしている。

『未知との遭遇 ファイナル・カット版』 ©1977, renewed 2005, ©1980, 1998 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
『未知との遭遇 ファイナル・カット版』 ©1977, renewed 2005, ©1980, 1998 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
京都みなみ会館
京都みなみ会館
京都みなみ会館
京都みなみ会館
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図