ニュース

Starcrawlerの新アルバム『Devour You』10月リリース、来日ツアーも

Starcrawler
Starcrawler

Starcrawlerのニューアルバム『Devour You』が10月11日に世界同時リリースされる。

2015年にアメリカ・ロサンゼルスで結成されたStarcrawlerは、アロウ・デ・ワイルド(Vo)、ヘンリー・キャッシュ(Gt)、オースティン・スミス(Dr)、ティム・フランコ(Ba)からなる4人組バンド。昨年1stアルバム『Starcrawler』を発売し、来日ツアーを実施したほか、『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演した。

アルバム『Devour You』はプロデューサーにニック・ローネイ(Nick Cave & The Bad Seeds、Yeah Yeah Yeahs)を迎えて制作。日本盤にはRamonesのカバー曲で、スティーヴン・キング原作の映画『ペット・セメタリー』のリメイク版に提供した“Pet Sematary”をボーナストラックとして加えた全14曲を収録している。アロウ・デ・ワイルドはアルバムについて「このアルバムを、聴いて興奮して鳥肌を立ててくれたら嬉しい。私はいつだってドラマチックな反応を期待してるんだから」と語っている。

発表とあわせて収録曲“Bet My Brain”のPVが公開。顔に白塗りをし、唇を真っ赤に塗ったアロウがティーカップに口を付ける姿をはじめ、Starcrawlerが庭やバス停で演奏する様子、アロウが金の燭台やマイクで自身の頭を殴る場面などが映し出されている。アロウは「この曲は、ニューヨークやベガスの地下住人や、フランスの地下墓所に住む人々、ロサンゼルス川の下水に住む人々について考えて作りました。私たちのすぐ足元に全く異なった世界が存在しているってことに魅了された」と述べている。

iTunes Storeではアルバムのプレオーダーを受付中。予約すると“Bet My Brains”をダウンロードできる。

また、同作のリリースに伴う来日ツアーを開催することも発表。詳細は後日発表される。

Starcrawler『Devour You』ジャケット
Starcrawler『Devour You』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡