ニュース

中平卓馬の記録映画を上映 東京&京都でイベント『肌蹴る光線』開催

『肌蹴る光線 ―あたらしい映画― vol.6』イメージビジュアル
『肌蹴る光線 ―あたらしい映画― vol.6』イメージビジュアル

上映イベント『肌蹴る光線 ―あたらしい映画―』が、9月1日に東京・渋谷のアップリンク、9月26日と9月28日に京都・誠光社で開催される。

『肌蹴る光線 ―あたらしい映画―』は、上映機会の少ない傑作映画を発掘し、広めることを目的とした上映シリーズ。第6回目となる今回は、小原真史監督による2003年の映画『カメラになった男—写真家 中平卓馬』を上映。同作は1977年に急性アルコール中毒で昏倒し、記憶と言葉の大部分を失うこととなった写真家・中平卓馬に3年間密着して撮影されたドキュメンタリー映画。中平が横浜の自宅周辺で写真撮影をする姿や、沖縄を訪問する様子などを捉えており、劇中には森山大道、東松照明、港千尋、荒木経惟、高良勉らも登場する。

アップリンク渋谷での上映後には監督の小原真史と社会学者の長谷正人を迎えるトークも開催。なお、上映日の9月1日は中平卓馬の命日となる。詳細はイベントのオフィシャルサイトをチェックしよう。

なお『肌蹴る光線 ―あたらしい映画―』では、第1回にビー・ガン監督による『凱里ブルース』、第2回は清原惟監督による『暁の石』『ひとつのバガテル』、第3回にはテレンス・ナンス監督による『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』、第4回はジョナス・メカスによる『幸せな人生からの拾遺集』『Sleepless Nights Stories』、第5回はジョアン・ニコラウによる『JOHN FROM』を、東京と京都でそれぞれ上映している。

『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
『カメラになった男—写真家 中平卓馬』
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー