ニュース

松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』初日決定 ポスター&予告編公開

映画『わたしは光をにぎっている』の初日が11月15日に決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

同作は『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『四月の永い夢』などの監督作を発表している1990年生まれの中川龍太郎監督の新作。両親を早くに亡くして長野・野尻湖の畔の民宿を祖母と切り盛りしていた20歳の宮川澪が、祖母の入院をきっかけに父の親友だった京介を頼って上京し、彼が経営する銭湯の仕事を手伝うようになるが、東京での日々が少しずつ楽しくなってきた矢先に区画整理で銭湯が閉店する運命にあることを知り、ある決断をする、というあらすじだ。宮川澪役に松本穂香がキャスティング。

ポスタービジュアルには「しゃんとする。どう終わるかって、たぶん大事だから。」というコピーと共に澪の姿が写し出されている。

カネコアヤノが歌う主題歌“光の方へ”を使用した予告編では、樫山文枝演じる澪の祖母・宮川久仁子の「『わたしは光をにぎっている』おばあちゃんの大好きな詩」というセリフや、澪が銭湯の仕事を手伝う様子、再開発のために家が取り壊されるシーン、光石研演じる銭湯の店主・京介が「ここなくなるんだ」と澪に語る場面などが確認できる。

作品について松本は「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです」、中川監督は「翔べない時代の魔女の宅急便」とコメント。

『わたしは光をにぎっている』ポスタービジュアル ©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
『わたしは光をにぎっている』ポスタービジュアル ©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
『わたしは光をにぎっている』 ©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
『わたしは光をにぎっている』 ©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図