ニュース

松下奈緒がヘッドハンター役 『連続ドラマW 引き抜き屋』11月放送

左上から時計回りに松下奈緒、渡部篤郎、内田有紀、小手伸也
左上から時計回りに松下奈緒、渡部篤郎、内田有紀、小手伸也

『連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~』が11月にWOWOWで放送される。

雫井脩介の小説『引き抜き屋』をドラマ化する同作は、父親が社長を務めるアウトドア用品メーカー・フォーンの幹部として働いていたが、父親がヘッドハンターを介して招聘した人物が現れたことで解雇された鹿子小穂が主人公。その後、ヘッドハンティング会社・フォルテフロースで働くことになった彼女が様々な企業の裏で繰り広げられるヘッドハンターたちの駆け引きや裏切り、騙し合いに巻き込まれていく、というあらすじだ。

主人公の小穂役を演じるのは松下奈緒。小穂を業界に引き込んでいく敏腕ヘッドハンター・渡会花緒里役を内田有紀、フォルテフロースのボス・並木剛役を小手伸也、ある陰謀を抱きながら暗躍し、小穂たちの宿敵になる切れ者ヘッドハンター・戸ケ里政樹役を渡部篤郎が演じる。監督は『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』の西浦正記。脚本はNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の渡辺千穂が手掛ける。

松下奈緒は「新たなキャラクターでドラマWに戻ってまいりました。今回のヘッドハンターという役にワクワク・ドキドキしています。また、西浦監督と初めてご一緒させて頂きますので、とても楽しみにしていました。ヘッドハンター鹿子小穂と胸を張って言えるよう、最高で最強のヘッドハンターを目指します!」と意気込みを述べている。

松下奈緒のコメント

主演を務めることになった時の心境
「連続ドラマW」の作品はとても面白く続きが早く観たい!と思うほど大ファンですので、「闇の伴走者」に続き、また新たな主人公を演じさせて頂けてとても嬉しかったです。

「ヘッドハンター」という仕事に対する印象や脚本について
この作品で初めて、ヘッドハンターという職業を知りました。「ヘッドハンティングされて別の会社に、、、」という話は聞いた事があっても、「私ヘッドハンターなんです。」という方にはお会いしたことが無かったので、とても新鮮な感じでした。人脈つくりの方法にも驚きましたし、新たな経験としてとても興味津々で私自身が知らない世界が繰り広げられた脚本にとてもワクワクしました。

主人公の鹿子小穂を演じるにあたって心がけていること
小穂のキャラクターは、プライドは高いけど素直で、とても頭の切れる女性だと思っています。チャーミングな部分が描かれているので、小穂というキャラクターを作り上げていく上で脚本がとても味方してくれたように思います。
高圧的にならず、憎まれないキャラクターであり、どんな環境、逆境にも負けない心の強さ。どんなこともやってのけるタイプに見える一方で、実は、不器用なところもあります。プライドを持ちながらも、人の気持ちに寄り添える。小穂の心の変化が、フォーンからフォルテフロースに転職した時に見えたいと思っています。

意気込みと視聴者へのメッセージ
新たなキャラクターでドラマWに戻ってまいりました。今回のヘッドハンターという役にワクワク・ドキドキしています。
また、西浦監督と初めてご一緒させて頂きますので、とても楽しみにしていました。ヘッドハンター鹿子小穂と胸を張って言えるよう、最高で最強のヘッドハンターを目指します!ぜひお楽しみに。

西浦正記監督のコメント

『引き抜き屋』の映像化に対する意気込み
引き抜き屋、ヘッドハンター、正直分かりにくい職種でした。しかし「どの仕事にも変わらずに流れている人間味」に気付いてからは、ドラマの中で起こる様々な事象を受け止める事が出来るようになり、自分の中で新しさと昔から大事にしてきた事の両方を強く意識して取り組む作品になりました。今回はカメラに一切三脚を付けずに撮影するなど新しい映像にチャレンジもしています、原作の引き抜き屋に負けないよう、自分に鞭打ち、明日の活力になるドラマを作りたいと思って挑みましたのでお楽しみに!!

「ヘッドハンター」という仕事や知られざる業界に対する印象、映像化に対しての考え
もっとドライで合理的な世界だと思っていました。しかし、原作や取材を深掘りしていくうちにとても人間味が有り複雑な人間関係から成り立っている仕事だと再認識しました。映像化に当たっては、ヘッドハンターの仕事のシビアさクールさは勿論、人間の心情の機微、人生に於いて幸せな仕事とは何か?を表現出来れば良いなぁと思っています。

初タッグとなる松下奈緒の印象と期待するポイント
とても仕事をしたい女優さんの一人でした。今回の小穂のキャラクターに必要な要素を考えました。それは、ひた向きさ、強さ、純粋さ、人の心を動かす情熱家、そして品の良さ。驚くべき事に彼女にはすべて揃っていました。いやもしかすると、女優として全て揃えてくれたのかもしれません。どちらにしろ彼女の役に対する姿勢、仕事に対する取り組み方は想像を超えて素晴らしいものでした。きっと視聴者の皆さんの想像も超えて素晴らしい演技を残してくれると思います。そして、現在撮影中ですがもう一度仕事がしたい女優さんになりました。

視聴者へのメッセージ
今回は自分にとって未知の仕事を魅せる、新しい撮影の手法で撮るというチャレンジ満載の作品になりました。チャレンジな分全力疾走するのでこの作品を最後まで見届けていただけるなら幸いです。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察