ニュース

長久允監督『ウィーアーリトルゾンビーズ』、8月31日に24時間限定無料公開

『ウィーアーリトルゾンビーズ』 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が8月31日00:00から同作のオフィシャルサイトで24時間限定無料公開される。

現在公開中の『ウィーアーリトルゾンビーズ』は、『そうして私たちはプールに金魚を、』で昨年の『第33回サンダンス映画祭』ショートフィルム部門グランプリを獲得した長久允監督の長編デビュー作。キャストには劇中バンド「LITTLE ZOMBIES」のメンバーとして、『そして父になる』で福山雅治の息子役を演じた二宮慶多、『クソ野郎と美しき世界』に出演した中島セナ、ドラマ『嘘の戦争』など多くの作品に出演する水野哲志、似顔絵師として注目を集める奥村門土が起用されているほか、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮らが出演している。

無料公開は長久允監督の「子どもたちにこそ観てもらいたい」という希望により実現。長久監督は「僕はこの映画を、今、悩んでいる中高生の方や、当時悩んでいた自分自身へ向けて作りました。もしあなたが中学生で、そして何かに悩んでいたらこの映画を試しに観てみてほしいです。なにか少しでも、たとえば今のままでもありだな、など思ってもらえたらと願っております」とコメントを寄せている。

なお映画の無料公開に先駆けて、本日8月23日12:00から特別番組『「ウィーアーリトルゾンビーズ」映画攻略特番』が公開される。

長久允監督のコメント

—8月31日 世界一憂鬱な日に!

『ウィーアーリトルゾンビーズ』という映画の主人公たちは13歳の中学生です。
彼らは親を亡くして、否応無しに冒険に出なければならない…そして…という物語です。
僕はこの映画を、今、悩んでいる中高生の方や、当時悩んでいた自分自身へ向けて作りました。

もしあなたが中学生で、そして何かに悩んでいたらこの映画を試しに観てみてほしいです。
なにか少しでも、たとえば今のままでもありだな、など思ってもらえたらと願っております。

8月31日、夏休み最後の日に。
絶望的なこの日に、どうか絶望しないように、
13歳のあなたに。かつて13歳だったあなたに。

監督 長久允
~8月31日限定『ウィーアーリトルゾンビーズ』無料ネット公開にあたって~

PS
どうしても今、なるべく多くの方に届けたくて、
今回ネットでの期間限定公開に踏みきらせていただきました。
まだ映画館でも上映中の映画を、ネットで見れるというのは異例のことで、
私の希望に対し、関係者の皆さまご理解くださり誠にありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。
(ですので!ネットで観て気に入って下さったならどうか映画館でも観てみてくださいませ!)

『ウィーアーリトルゾンビーズ』 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』出演者 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』出演者 ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』ポスタービジュアル ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
『ウィーアーリトルゾンビーズ』ポスタービジュアル ©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信