ニュース

デレク・ジャーマン訪問時の写真も 高橋恭司の写真集『WOrld's End』

高橋恭司の写真集『WOrld's End』が、8月26日に刊行される。

1960年生まれの写真家・高橋恭司。写真集『WOrld's End』は、1992年にイギリス・ダンジェネスに映画監督のデレク・ジャーマンを訪ねた際の写真や、2010年代後半のベルリン、ロンドン、東京の路上を撮影した写真、デレク・ジャーマンの言葉や高橋恭司の詩などを交えた写真集だ。アートディレクションはクリストフ・ブランケルが手掛けた。

『BLUE ブルー』などの映画やThe Smiths“The Queen Is Dead”のPVで知られるデレク・ジャーマン。1986年にHIV感染を宣告を受けたのちに原子力発電所のある町・ダンジェネスと出会い、コテージに住みながら小石だらけの土地に庭を作る生活を始めたという。ジャーマンは高橋が訪れた2年後の1994年に死去した。

同書の刊行を記念した展覧会『WOrld's End 写真はいつも世界の終わりを続ける』が、9月7日まで東京・乃木坂のBooks and Modern+Blue Sheep Gallery、8月28日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyoda内nap galleryで開催される。nap galleryでは9月28日に高橋恭司と伊藤貴弘(東京都写真美術館)によるトークイベントが行なわれる。

高橋恭司のコメント

時が止まっている、光が押さえつけられている。明るい闇?明るい終わりが続いている。

知人からデレク・ジャーマンのポートレイト撮影の依頼を受けて、その時はじめて、プロスペクト・コテージを見ました。コテージの中や庭を非常に美しいなと思って、デレク・ジャーマン達が昼食にいっている間に撮影しました。

自分が写真に撮りたいなと抽象的に考えていたことが、ここに具体的にあるなと感じました。世界の果て(エッジ)が目の前にあるなと。写真や映像になってはじめて完成する造形が目の前にあった訳です。

デレク・ジャーマンは非常に優れた美術家だと思います。30年経ってより一層強くそう思います。写真と映像の時代である20世紀の最後にデレク・ジャーマンの庭があり、『BLUE』があった訳です。あれから30年経ってどう思うか。その答えが、WOrld's Endの中にあるのではないのでしょうか。

高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Vivi and Max and their friend』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Vivi and Max and their friend』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子