ニュース

デレク・ジャーマン訪問時の写真も 高橋恭司の写真集『WOrld's End』

高橋恭司の写真集『WOrld's End』が、8月26日に刊行される。

1960年生まれの写真家・高橋恭司。写真集『WOrld's End』は、1992年にイギリス・ダンジェネスに映画監督のデレク・ジャーマンを訪ねた際の写真や、2010年代後半のベルリン、ロンドン、東京の路上を撮影した写真、デレク・ジャーマンの言葉や高橋恭司の詩などを交えた写真集だ。アートディレクションはクリストフ・ブランケルが手掛けた。

『BLUE ブルー』などの映画やThe Smiths“The Queen Is Dead”のPVで知られるデレク・ジャーマン。1986年にHIV感染を宣告を受けたのちに原子力発電所のある町・ダンジェネスと出会い、コテージに住みながら小石だらけの土地に庭を作る生活を始めたという。ジャーマンは高橋が訪れた2年後の1994年に死去した。

同書の刊行を記念した展覧会『WOrld's End 写真はいつも世界の終わりを続ける』が、9月7日まで東京・乃木坂のBooks and Modern+Blue Sheep Gallery、8月28日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyoda内nap galleryで開催される。nap galleryでは9月28日に高橋恭司と伊藤貴弘(東京都写真美術館)によるトークイベントが行なわれる。

高橋恭司のコメント

時が止まっている、光が押さえつけられている。明るい闇?明るい終わりが続いている。

知人からデレク・ジャーマンのポートレイト撮影の依頼を受けて、その時はじめて、プロスペクト・コテージを見ました。コテージの中や庭を非常に美しいなと思って、デレク・ジャーマン達が昼食にいっている間に撮影しました。

自分が写真に撮りたいなと抽象的に考えていたことが、ここに具体的にあるなと感じました。世界の果て(エッジ)が目の前にあるなと。写真や映像になってはじめて完成する造形が目の前にあった訳です。

デレク・ジャーマンは非常に優れた美術家だと思います。30年経ってより一層強くそう思います。写真と映像の時代である20世紀の最後にデレク・ジャーマンの庭があり、『BLUE』があった訳です。あれから30年経ってどう思うか。その答えが、WOrld's Endの中にあるのではないのでしょうか。

高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Vivi and Max and their friend』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Vivi and Max and their friend』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Berlin』2017 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
高橋恭司『Derek Jarmans Prospect Cottage Dungeness』1992 ©2019 Kyoji Takahashi ©2019 Blue Sheep Co.,Ltd
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も