劇団EXILEの全メンバーが初集結する舞台『勇者のために鐘は鳴る』来年上演

劇団EXILEの舞台『勇者のために鐘は鳴る』が、2020年1月24日から東京・TBS赤坂ACTシアター、2月13日から大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演される。

劇団EXILEが初めて原案・プロデュースを手掛ける同作は、気がつくとゲームの世界に入っていた9人の男たちがもとの世界に戻るため勇者になってモンスターを倒しながらゴールを目指す様を描いた作品。現体制になって初めてメンバー9人全員が揃って出演する。

本日8月26日に行なわれた同作の製作発表で秋山真太郎は「最後まで全員が能動的にこの舞台を創って、みなさまに楽しい舞台をお届けできればと思っています」とコメント。

また鈴木伸之は「脚本などについても週に1、2回くらいはみんなで集まって意見交換しています。すごくいいものにできあがりそう」「個人的には、劇団EXILE公演の『歌姫』以来6年ぶりの舞台なので、正直足がすくんでおります」と語った。

さらに青柳翔は「僕らは歌をやっていたり、ラップ、芝居といろいろやっているグループでもあるんですけど、劇団としてもう一回原点に戻りたい。『PERFECT YEAR』に携わる上で、お客さんを楽しませられるように、頑張りたいと思います」と述べた。

チケットの各種先行抽選予約については「EXILE TRIBE mobile」のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『勇者のために鐘は鳴る』

原案・プロデュース:劇団EXILE 脚本:畑雅文 演出:川本成(時速246億) 出演: 青柳翔 秋山真太郎 小澤雄太 鈴木伸之 町田啓太 小野塚勇人 SWAY 八木将康 佐藤寛太 東京公演 2020年1月24日(金)~2月2日(日)全15公演 会場:東京都 TBS赤坂ACTシアター 大阪公演 2020年2月13日(木)~2月16日(日)全6公演 会場:大阪府 梅田芸術劇場 メインホール 料金:各公演 S席9,500円 A席7,500円
  • HOME
  • Stage
  • 劇団EXILEの全メンバーが初集結する舞台『勇者のために鐘は鳴る』来年上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて